コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE) 定期購読・最新号・バックナンバー

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)雑誌の詳細です。


コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)の公式サイトへ
本・雑誌 コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE)
本・雑誌内容 コンバットマガジンは、1980年(昭和55年)の創刊以来、ミリタリー総合誌として、ガン&ミリタリーファンの根強い支持を得てきました。読者層は16~30歳が中心ですが10歳以上のトイガンファンや40代の読者も少なくありません。本誌ではこういった方々のご要望に応えるべく、海外で行われるシューティング競技や各種イベント、国内で開催されるトイガン大会の取材はもとより、自衛隊、各国軍、特殊部隊への取材を積極的に行い、トイガン、ミリタリーウエア、装備品などの紹介とあわせて、多くの人に満足していただける内容となっています。
本・雑誌内容詳細 【巻頭特集&特別付録】復元! 『GRUNT』創刊号

ベトナム戦争で兵士が貪り読んかだ雑誌『GRUNT(グラント)』が帰ってきた! 
1968年2月、米軍の公的刊行物である『スターズ&ストライプス』紙が並ぶサイゴンのスタンドに、政府も軍も関係していない雑誌『GRUNT(グラント)』が並び、あっという間に完売してしまった。
この『GRUNT』紙とは一体なんなのか? 創刊号を完全や復刻し、特別付録で同封。さらに、同紙の成り立ちや付録の翻訳などを含めた大特集! NAM戦リエナクトにはもってこいの付録だ!!

【特集】ベトナム戦争

サイゴン物語 堀に掘ったクチトンネル!
南ベトナムの首都だったサイゴン(現ホーチミン市)の今を訪ね、NAM戦当時に思いを馳せるシリーズ「サイゴン物語」。第4回ではホーチミン市の西北に位置したクチ県に掘られた、軍事トンネル・ネットワーク。現在では戦争パークとして見学する事ができるようになっている。このトンネル網を紹介する。

新製品が目白押し!東京マルイフェスティバル in ベルサール秋葉原 5th

5回目を迎える、東京マルイ単独イベント、「東京マルイフェスティバル」が今年も開催された。もうご存知の方も多いと思うが、今回の超大目玉は、マルイ初の大型電動ガン、Mk46 Mod.0。その他にも新税品が目白押し!

THE LAST of PHANTOM 空自偵察飛行隊 第501飛行隊

ジェット戦闘機の傑作機と言っても過言ではないF-4ファントムⅡ。世界中で退役が進む中、百里基地に所属する、我が国で唯一の航空偵察部隊である第501飛行隊が運用するのがRF-4E、RF-4EJだ。この機体も老朽化が進み、退役間近となった。この部隊及び機体を戦場カメラマンの横田徹が密着取材!

東京マルイ GLOCK 19 3rd. Generation
ホビーショーなどで発表され話題となったグロック19がとうとう発売された! 2000年に東京マルイ・グロック・シリーズ1作めとなるG26から18年、ガスブロ・グロック・シリーズはどのように進化を遂げ、G19の完成を見たのか! 東京マルイのグロック・シリーズを振り返る!

その他、自衛隊のお仕事をより理解できる「ニッポンのちからこぶ」や現用装備カタログ、ミリタリア・ラウンドアップ! などなど連載陣も充実した内容お届け。
プロダクトNo 950
出版社 ワールドフォトプレス
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。