国語と国文学 定期購読・最新号・バックナンバー

国語と国文学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国語と国文学雑誌の詳細です。


国語と国文学の公式サイトへ
本・雑誌 国語と国文学
本・雑誌内容 国語国文学研究のもっとも良質な成果の発表誌。毎号高水準を保つ投稿論文を掲載。国文学研究者の登竜門。
本・雑誌内容詳細 通巻1150号(第96巻第9号)

○万葉から見た小町の夢歌(菊川恵三)
○宇治拾遺物語への視角――「とか」「とかや」をめぐって――(野本東生)
○中島敦文学における〈私〉の臨界点――人間・動物・石――(石井要)
○伊藤整『若い詩人の肖像』の生成――自己虚構という批評――(飯島洋)
○書評・金美眞著『柳亭種彦の合巻の世界――過去を蘇らせる力「考証」』(神林尚子)
○書評・藤澤るり著『夏目漱石の文学的現場 意識と思考の焦点』(松下浩幸)
◇新刊書情報
◇国語と国文学 総目次
プロダクトNo 868
出版社 明治書院
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。