航空ファン 定期購読・最新号・バックナンバー

航空ファンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

航空ファン雑誌の詳細です。


航空ファンの公式サイトへ
本・雑誌 航空ファン
本・雑誌内容 『航空ファン』は昭和27年創刊の歴史と、日本最大の部数を誇る月刊航空専門誌です。ステルスなど幅広い年齢層に人気のある最新技術満載の戦闘機から、マニアックなファンの多い第二次大戦機、旅客機、ジェネラルアビエーション、ロケットを含めたスペーステクノロジーまで守備範囲は広く、ビギナーから航空従事者までさまざまな読者の要望にお応えしています。とくに有名カメラマンによる、世界の最新軍用機の迫力あるフォトリポートは定評があり、海外にも多くの読者を持っています。ファンの方々が理解しやすいよう、分かりやすい記事・解説を心がけているほか世界の話題から身近なニュースまで、正確・迅速にお伝えすることをモットーとしています。
本・雑誌内容詳細 特集1●空自女性F-15パイロット誕生

2015年秋に政府が打ち出した戦闘機、偵察機搭乗員の職域を女性自衛官にも開放するとの方針を受けて、この夏航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットが誕生した。女性初のイーグルドライバーとなった松島美紗2尉のF-15課程修了式を取材、表紙と巻頭で紹介する。

特集2●新政府専用機とエアフォースワン

8月17日、来年度からB-747に替わる新政府専用機として運用の始まるボーイング777-300ERの1号機が千歳に到着した。今月の第2特集ではその到着の模様を掲載、さらに初代の政府専用機と同系列、ボーイング747ジャンボジェットを母体としたアメリカの大統領専用機VC-25“エアフォースワン”の現用機と後継機について、詳しく解説する。

今月の注目記事

●陸自第12ヘリコプター隊第2飛行隊夏季集中訓練
●富士総合火力演習
●クアラルンプール周辺の展示機情報
●タンソンニャット空港の旧南ベトナム空軍機
●レッドブル・エアレース第5戦カザン大会
●追補・個人としての航空戦史「零戦と五十番爆弾」


注目グラフィック特集

●空自航空祭―ブルーインパルスのホームベース松島航空祭&空自F-35A初展示の三沢基地航空祭
●世界最南端の戦闘機基地プンタアレナスのチリ空軍F-5E
●フランスの核攻撃機ミラージュ2000N最後の空撮
●シリーズ198X年の空「グラマンS2F-1トラッカー、1982」


好評連載群

MRJ通信
空夢【ソラユメ】航空界でのチャレンジ
航空救難団活動記録
キ番号を持たない日本陸軍機
「写真を磨く」あなたの写真はもっとよくなる
最新中国航空・軍事トピック
プロダクトNo 830
出版社 文林堂
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。