月刊専門料理 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊専門料理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊専門料理雑誌の詳細です。


月刊専門料理の公式サイトへ
本・雑誌 月刊専門料理
本・雑誌内容 創刊から約40年。本誌の基本テーマは一流の調理技術を惜しみなく、初心者の方にもわかりやすく解説するということです。毎号数多く登場する調理師さんは第一線で活躍する実力者ばかり。日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、その他各国料理の情報について、日本国内はもとより、海外の料理界の記事も満載です。また、毎号の特集は“完全保存版”の内容ですので永くご活用いただけます。細かいプロセス写真で見せる調理技術、徹底的に掘り下げて取材する食材に関する記事は、料理人の方からグルメの方まで厚く支持をいただいております。近年、関心が高まっている素材の動向、食材生産地の現状もフォロー。
本・雑誌内容詳細 今こそソース
時代とともに料理は変わりますが、ことソースほど大きく変化したものはないでしょう。使う素材、量、テクスチャー、味わいの濃淡、重さ、軽さ、一皿に盛り込む数――。
10月号では、料理の印象を決定づけるソースにフォーカス。現在のガストロノミーにおけるソースの在り方、表現について考えます。

ソースの新表現
● 谷 昇(ル・マンジュ・トゥー)
● 岸本直人(ランベリー)
● 植木将仁(AZUR et MASA UEKI)
● 飯塚隆太(レストラン リューズ)
● 佐々木直歩(レクテ)
● 相原 薫(サンプリシテ)
● 山本聖司(ラ・トゥーエル)
● 中村和成(ラ・ボンヌ・ターブル)
● 江見常幸(エスピス)
● 加藤順一(スブリム)
● 高木和也(レヴォル)
● 葛原将季(レミニセンス)
● 石崎優磨(ナインストーリーズ)

ソース61種 作り方一覧

ベテランから若手まで9人に聞く
ソースにまつわるエトセトラ

気鋭シェフ5人の料理から読み解く
「香りの生きたソース」の作り方

【TOPIC】現地ルポ オランダの豚肉産業を見る

ほか
プロダクトNo 757
出版社 柴田書店
発売日 毎月19日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。