PHPスペシャル 定期購読・最新号・バックナンバー

PHPスペシャルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PHPスペシャル雑誌の詳細です。


PHPスペシャルの公式サイトへ
本・雑誌 PHPスペシャル
本・雑誌内容 『PHPスペシャル』は、月刊誌『PHP』の姉妹誌として刊行しています。 人づきあい、性格、恋愛、結婚、家庭、仕事など、だれもが人生の歩みの中で出会う、さまぎまな問題や関心事、心の迷いについて特集している雑誌です。特に、若い人びとを対象に、生き方についてのテーマをより深く掘り下げ、具体的で実用的な生き方情報を提供しています。 また充実した日々を過ごすために、人生をより自分らしく、イキイキと魅力的におくっている方々の体験談を通じて、生きるアドバイスや考え方も満載しています。
本・雑誌内容詳細 PHPスペシャル 2019/4月号♪


●○●編集長からひと言●○●

忙しさや気苦労でクタクタになった心。
思い込みでこりかたまった頭。

そんな自分を優しくいたわり、解放されたら、
きっとまた前を向けるはずです。

力を抜いてリフレッシュできるヒントをご紹介します。  (編集長から)

        
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】疲れた心と頭をゆるめる、ほぐす
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

◎疲れ果てる前に 自分でできるチェック&ケア      石原加受子

◎ゆるめる ほぐす ずぼらストレッチ           崎田ミナ

◎上手に力を抜くヒント                長谷川ミナ

◎心を祓い清める毎日のお作法              羽賀浩規

◎人づきあいの「やめていい」と「これだけは」      渡瀬 謙

◎心を解き放つ言葉                   穂村 弘

◎いちばんの味方は、あなた自身です           鈴木秀子




★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】巻頭インタビュー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

松岡茉優

“理想の誰か”にならなくても、私のままでいい。

たくさんの言葉があふれ出し、常にユーモアを忘れない松岡さんは、
一緒にいると人を楽しませ、笑顔を引き出す人でした。
初めて挑戦するミュージカルのこと、
そして疲れたときのケアの方法について伺いました。

   
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】連載 ほか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

●心が晴れる世界の風景
日本・国営ひたち海浜公園

●おしゃれの定番手帖
リネンワンピース                   堀川 波

●夜はだいたい千の目を持つ
音楽は孤独である                   岸 政彦

●続・美貌のひと
≪メネラオスの壺≫                  中野京子

●午后のあくび
秘密のお花見スポット               コマツシンヤ

●運がみるみる! めぐる習慣
運気を回復させるには?                立石裕美

●叫びたい気持ち
加齢感への気持ち                  辛酸なめ子

●暮らしの中に美を見つける
大切に思う気持ちが伝わるように使う          謝 小曼

●豊崎由美の読まずにはいられない
第160回・芥川賞受賞作を読む            豊崎由美

●山崎まどかの映画案内
書店好きにおすすめしたい二作            山崎まどか

●つれづれMy Favorite Things
ぽかぽか靴下のはなし               佐藤ジュンコ

●働く女性のための相談室
決断してくれない上司、どうする?           藤井雅子

●Special プロムナード

●プレゼント&インフォメーション

●星のささやき 鏡リュウジ


……………………………………………………………………………………

以上でございます。
ぜひ本誌にてお楽しみくださいませ。
プロダクトNo 5759
出版社 PHP研究所
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。