教育美術 定期購読・最新号・バックナンバー

教育美術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

教育美術雑誌の詳細です。


教育美術の公式サイトへ
本・雑誌 教育美術
本・雑誌内容 「教育美術」は造形・美術教育の理念を広め、子どもたちが豊かな情操と創造力を育むことができるよう、また指導者が実践をより深めることを目指しています。幼稚園・保育園から小・中学校の授業における取り組みの内容や指導者独自の工夫などを実践記事として紹介する連載コーナーの他、月替わりの「特集」では、アートや美術教育全般に関する広いテーマに沿って美術教育を考えます。 造形・美術教育の貴重な資料として、指導者を中心に研究者にも幅広く活用されています。
本・雑誌内容詳細 乳幼児教育

 2018年に「主体的・対話的で深い学び」という共通の教育目標が、幼児期から大学まで示されました。
主観的つまりその時の体調や心持も含めた感覚をとおした思考回路の大切さをが問われる今、“感じて・
考えて・行動する”子どもたちを育てるためにどうすべきか。今回の特集では、保育理論と現場、それ
ぞれの側から乳幼児教育の大切さについて考えます。


【特集】

《主体的で対話的で深い学び》を乳幼児期から
 東京大学 名誉教授 汐見 稔幸

【幼児教育クロストーク①】
“感じる”子どもを育むために ~ネイチャー・ワークが伝えたかった今日的な保育とは~
 ●司会
  宮野 周 (十文字学園女子大学 准教授)
 ●出席者
  平田 智久(十文字学園女子大学 名誉教授)
  宮里 暁美(文京区立お茶の水女子大学こども園 園長)

【幼児教育クロストーク②】
“感じる”子どもを育む現場から ~乳幼児教育から小学校へとつながる学びの連続性を考える~
 ●司会
  小野 和 (松蔭大学 教授)
 ●出席者(順不同)
  松山 益代(慈紘保育園 園長)
  町山 太郎(幼保連携型認定こども園 まどか幼稚園 園長)
  伊藤 裕子(谷戸幼稚園 園長)
  桐山 卓也(東京学芸大学附属竹早小学校 図画工作専科教諭)


【連載】

第78回全国教育美術展特選作品より 作品紹介

【シリーズ乳幼児はすごい!26】
 夢中のトンネル ~活動過程を楽しむ子どもたち~
  関西学院大学 教授 栗山 誠

スクールアート風土記vol.21
  岐阜県 養老町立上多度小学校 校長 福井 清治

[保育実践]
 ダンゴムシ・プロジェクト
  三重県 社会福祉法人藤水福祉会 風の子藤水保育園 保育教諭 桒名 基陽香
[実践報告を読んで] 常磐会短期大学 教授 平野 真紀

[授業実践] 小学校 〈第4学年〉
 子供のよさや個性を大切にした授業づくり ~「3650日のたからもの」の実践を通して ~
  岡山県 岡山大学教育学部附属小学校 教諭 高橋 英理子
[実践報告を読んで] 札幌市教育委員会 幼児教育センター担当課長 野切 卓

[授業実践] 中学校 〈第1学年〉
 マンホール蓋デザインを通してふるさとを発信しよう
  埼玉県 さいたま市立上大久保中学校 教諭 鳥山 多加子
[実践報告を読んで] 奈良教育大学 准教授 竹内 晋平

文献紹介 横浜国立大学 名誉教授 宮坂 元裕
  『小学校図工の授業づくり はじめの一歩』 南 育子/著

第63回 全日本学生美術展

〔レポート〕●ぼくの絵わたしの絵展~第78回全国教育美術展~
      ●「アートではじける! 子どもの力」 NHK Eテレにて放送
      ●「いいね!」カードセレクション①
      ●全国美術・教育リサーチプロジェクト2018「美術の授業ってなんだろう?」

教美インフォメーション(研究会・イベント情報)
プロダクトNo 530
出版社 教育美術振興会
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。