教育と医学 定期購読・最新号・バックナンバー

教育と医学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

教育と医学雑誌の詳細です。


教育と医学の公式サイトへ
本・雑誌 教育と医学
本・雑誌内容 子どもが心身ともに健康な成長をとげるためにはどうすべきか提言する教育誌です。毎号、現代を反映する問題や、社会のニーズに応えるテーマを特集として取り上げます。専門領域外の読者にも分かるようにコンパクトにまとめて執筆しているので、情報収集にも役立ちます。執筆するのは、教育学、医学、社会学、心理学、民俗学の研究者、看護・福祉・教育の現場の方々など。特集テーマを多角的に論じるユニークな編集です。
本・雑誌内容詳細 [特集1]アタッチメント理論は生涯発達において重視されています。思春期はこの時期特有の問題行動が知られていますが、アタッチメントという視点からどう問題をとらえることができるのか、最新の研究とともに紹介します。

[特集2]子どもの心身の問題へ対処するには、学校と医療機関の連携が重要となってきますが、現実には様々な制約があります。学校と医療の連携にフォーカスを当て、日本で試みられている新しい連携のあり方を探ります。


特集1 ■ 思春期におけるアタッチメントの問題

巻頭随筆 思春期の人間関係から見えるもの………岩宮恵子
思春期のアタッチメント──エビデンスから臨床へ………山下 洋
思春期の発達障害とアタッチメント………永田雅子・中島卓裕
思春期の対人関係とアタッチメント………村上達也
乳幼児期の脳発達とアタッチメントの形成………谷口 清
思春期の精神発達における課題──アタッチメント、分離─個体化と対象選択をめぐって………生田憲正
小児・思春期の問題行動とアタッチメント………川畑友二

特集2 ■ 学校教育と医療の連携

小児科医が教育現場に提供できる役割………秋山千枝子
健康問題の多様化に伴う養護教諭の役割拡大………泊 祐子
特別支援教育における医療との連携──新しい学習指導要領を中心に………奥住秀之

〔連 載〕
名画に観る教育と医学▼『午後八時の訪問者』………冨田和巳
カレント・トピックス▼インターネット社会の親子関係………阿部 洋
特別支援教育のページ▼久里浜だより=海外情報──諸外国における障害のある子どもの教育に関する調査から………独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 
プロダクトNo 528
出版社 慶應義塾大学出版会
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。