企業実務 定期購読・最新号・バックナンバー

企業実務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

企業実務雑誌の詳細です。


企業実務の公式サイトへ
本・雑誌 企業実務
本・雑誌内容 仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けする月刊『企業実務』。経理・税務・庶務・労務の事務一切を一冊に凝縮。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く『企業実務』は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。書店では手に入らない『企業実務』をぜひ定期購読してみませんか。
本・雑誌内容詳細 企業実務2019年1月号≪目次≫

【特別記事】
「就活ルール」廃止の影響とこれからの人手不足を乗り切る一手
■今後の新卒採用スケジュールをどのように想定しておくか
■中小企業が目指すべき採用活動のアプローチ
■人手確保に役立つ助成金の活用

【経理・税務】
□金融機関の自社への「融資限度」を探る法
□収益等の計上に関する改正通達を読む
□従業員が海外勤務するときの所得税等の税務処理
□なるほど納得勘定科目〈22〉盗難による損失や駐車違反の反則金を支払ったときは?
□元地方銀行マンは見た!<10> 粉飾決算は「麻薬」
□減価償却ことはじめ<5> 
減価償却3つの掟③「計算方法に種類がある?」~定額法と定率法~
□“経理のプロ”になるための「法人税」マスター講座<22>
  寄附金の取扱い

【人事・労務】
□36協定の新様式から見えてくる 労働時間管理の留意点トレンド
□再確認しておきたい「最低賃金」の制約
□社内講師を依頼するときに指示しておきたい心得
□小倉広の奥が深いぞ!自立的人材育成<10>
  相談的枠組みは成立しているか?
□人事担当者自身が進める“楽しい”働き方改革<10>
  働き方改革で報われる「評価」制度のあり方
□労務トラブルを防ぐ「社内規定」「労使協定」はこうつくる
  賃金控除に関する労使協定
□事例研究
  ITを活用した育成制度の導入で若手職人の定着率を改善

【総務・法務】
□Googleフォームを使った社内アンケートの手引き
□インタビュー/第一生命経済研究所 永濵利廣氏に訊く
  2019年の日本の景気はどうなる
□仕事と介護の両立をどうやって実現するか
□RPAは働き方改革実現の鍵となるか
□最近の“危ない”商法
  高齢者に高金利を謳って破綻したケフィア事業振興会
□企業価値を高める中小企業のWEBサイト運用<10>
  集客につなげるSEOの基本テクニック②~テクニック編~

●実務よろず相談室
 ・経営数字は従業員にどこまで公開すべき?
 ・敬語ができないと怒られる
 ・会話が途切れたときの雑談力を身につけたい
●1月の事務ごよみ
年末調整の仕上げ、法定調書の作成と提出、扶養控除等(異動)申告書の受理、償却資産申告書の提出、欠員の補充と内定者のフォロー、年始回り・賀詞交歓会などへの対応ほか
●新法令・通達解説■所有者不明土地の利用を円滑化 ほか 
●これからの法改正の動き■5Gの円滑な導入に向け、電波活用指針を整備 ほか
●その他
世の中を読むデータ
職場の人間関係を向上させる気の利いたひと言
花のある空間 
デジタル時代の「新」マナー
知っていますかこの制度
机の上の小さな変革
職場や自宅でできる疲労回復ストレッチ
ダイバーシティ・ワンポイント
愛読者プレゼント
インフォメーション
『企業実務』総索引2018年1月号~2018年12月号
セミナー告知

-----------------------------------------------------------------------------------
☆ 別冊付録(B5版・16頁)保存・持ち運びに便利!
≪実務情報Series≫
 若手社員に伝えたい「ビジネスマナー」の原理原則
プロダクトNo 485
出版社 日本実業出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。