CAR and DRIVER(カーアンドドライバー) 定期購読・最新号・バックナンバー

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)雑誌の詳細です。


CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)の公式サイトへ
本・雑誌 CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)
本・雑誌内容 1978年の創刊以来、豊富なビジュアルと美しいデザインにこだわり、国産・輸入車を問わず、軽自動車からスーパースポーツまで、幅広く網羅。最新のクルマ&モビリティ事情がよくわかる記事とともに、アートや音楽などエンタメ情報などをカバーした、クルマのあるライフスタイルをもっと楽しむための情報が満載。すべての本誌企画に誌面を拡張する連動WebコンテンツがQRコードを通じて提供されるハイブリッドメディアです。
本・雑誌内容詳細 【巻頭企画:Beyond ’80s&’90s 魅力あるクルマのルーツは「あの頃」にあった】
「人に歴史あり」。それは自動車も同様である。最新の注目モデル、人気の高いクルマを眺めていて気がついた。魅力あるクルマには、必ずルーツが存在する、と。その原点は、日本が一番元気だった1980~90年代に行き着く。バブル期を超える水準に株価が回復・上昇しているいま、代表的な10モデルの魅力をルーツとともに紐解いた。

マツダ・ロードスター
トヨタGR86
トヨタGRヤリス
ホンダ・シビック・タイプR
日産GT-R
SUBARUレヴォーグ・レイバック
レクサスRX
三菱デリカD:5
メルセデス・ベンツCクラス
BMW・M3

【名車復刻版カタログ:特別編】
1989年生まれの名車たち
1989年トヨタ・セルシオ(UCF10/11型)
1989年日産スカイラインGT-R(BNR32型)
1989年日産フェアレディZ(Z32型)
1989年ユーノス・ロードスター(NA6CE型)

【プラグイン・ハイブリッドという選択肢】
バッテリーEVとエンジン車の“いいとこ取り”。電気の力でクリーンに走り、電欠の心配なしにロングドライブが可能。カーボンニュートラル社会に向けた有力な選択肢、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)に改めて注目した。

【新車試乗記】
レクサスLBX
スズキ・スイフト
BMW5シリーズ

【スポーツカーファイル/ポルシェ911ダカール】
911がオールランドな存在であることを示したエピソード、それが世界で最も過酷なモータースポーツといわれた1984年のパリ~ダカール・ラリーでの優勝だった。それから40年、かつての栄光を記念したモデルが誕生した。“911ダカール”は、カレラ4GTSをベースにした世界限定2500台のスペシャルモデルである。

【クルマの通知表/BMW・X1】
最新のX1は、ガソリン/ディーゼル/BEVが選べるSUV。どれもがBMWらしい高い完成度を実現した点が評価され、“2023-2024インポート・カー・オブ・ザ・イヤー”に輝いた。そのX1の実力をあらためてユーザー目線でチェックした。テスト車は販売主力のディーゼル、20d・Mスポーツ。

【クルマのパースペクティブ】
「自動車メーカーの強みと弱み 第2回/マツダ」
急速なマーケットの変化に直面する各メーカーが持つ「強みと弱み」は何か。ロータリーエンジン復活などいま注目のマツダを掘り下げる。

【ヒットの真相】
ホンダN-BOX

【新車攻略法】
ホンダ・オデッセイ

【ワールドオートモーティブニュース】
マツダCX-70
ポルシェ・マカン
マセラティ雪上ドライビングエクスペリエンス

【DRIVER'S INFOMATION:注目のニュース】
BEV市場の展望と世界の動き。補助金制度の現状について
ホンダとGMの合弁会社がFCEV技術を新展開
パリっ子はSUVがお嫌い!? SUVの駐車料金が3倍に

【国産車+輸入車の新車価格表】

*雑誌『カー・アンド・ドライバー』は、全企画を公式WebサイトとQRコードで連動。誌面で紹介しきれない情報やフォトギャラリーなど、価値あるコンテンツをご覧ください
*電子マガジンは、プリントマガジンと内容が一部異なります。ご注意ください
*著作権等の問題で掲載されないページや写真、また、WEBサービスなど、ご利用になれないコンテンツがございます。あらかじめご了承ください
プロダクトNo 342
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。