リズム&ドラムマガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

リズム&ドラムマガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リズム&ドラムマガジン雑誌の詳細です。


リズム&ドラムマガジンの公式サイトへ
本・雑誌 リズム&ドラムマガジン
本・雑誌内容 音楽のリズム的側面に興味を持つ人、そしてもちろんドラムをはじめとするあらゆる打楽器を演奏する人のための専門誌。アーティストの最新取材記事、打楽器の新製品情報、独自の視点によるリズム分析記事、セミナーなど、ドラマー&パーカッショニストが楽しめ、役に立つ情報を満載しています。
本・雑誌内容詳細 アーティスト特集
革新のドラムに宿った王道
Tomoya[ONE OK ROCK]

ロック回帰した最新アルバムとドラマーとしての歩みを語り尽くす
20000字超えのロング・インタビュー!

今年デビュー15周年の節目を迎えたONE OK ROCK。今や日本を代表するロック・バンドへと成長した彼らが、アニバーサリー・イヤーに放つ3年ぶりのオリジナル・アルバム『Luxury Disease』は、グリーン・デイやマイ・ケミカル・ロマンスを手がけた重鎮=ロブ・カヴァロのプロデュースによるロック回帰作。バンドの絶対的な核を担うTomoyaのドラムも躍動し、その独創的なスタイルに王道のアプローチを融合させた、新感覚なドラミングを繰り広げている。約5年ぶりに実現した今回のアーティスト特集では、ドラマーとして新たな境地へと辿り着いたTomoyaに、新作についてはもちろん、デビューからの15年の歩みについて、たっぷりと語ってもらった! 22ページに渡る大特集!!

没後30周年特別企画
偉大なるグルーヴ・マスターを永遠に語り継ぐ!
ジェフ・ポーカロ
縁深いドラマー&関係者達が語るジェフの"真像"

今年デビュー45周年を迎えたアメリカのロック・バンド、TOTOのオリジナル・メンバーで、セッション・ドラマーとしてもさまざまな作品にその名を刻んだレジェンド、ジェフ・ポーカロ。1992年8月5日に38歳という若さでこの世を去ってから、今年で30年目を迎えます。彼が残した名演の数々は決して色褪せることなく、世代を超越して現代を生きるドラマー達に影響を与え続けています。没後30周年の節目を迎える今回、リズム&ドラム・マガジンでは、偉大なるグルーヴ・マスターを語り継ぐべく総力特集を敢行! ジェフと縁深いアーティストや彼に影響を受けた現在を代表するドラマー達、さらに過去に本誌で行ったインタビューなどを通して、永遠に輝き続ける天才=ジェフ・ポーカロに迫ります。

創刊40周年記念特集 Vol.04
ドラムのミライ
HAL[CVLTE]、佐藤 奏[Muses]、CHITAA、イーサン・トルキオ[マネスキン]、 佐野晶哉[Aぇ!group]

創刊40周年を迎え、この1年間アニバーサリー・イヤーとして毎号スペシャルな特集をお届けしてきましたが、いよいよ今回がファイナル! "ドラムのミライ"と題し、次世代=未来のドラム界を担うであろうのニューカマーを紹介! さまざまなシーンで活躍し、すでに注目を浴びている国内外5名のドラマーをフィーチャーして、ドラムを始めたきっかけや、どのような経緯を経て現在へと至り、そして今後どのような"ミライ"を描くのか。40周年の締め括りは、そんな未来への希望を秘めた若きドラム・ヒーロー達の特集です!

特別企画《Streaming Code連動》
春の誌上ドラム・コンテストが完結!
32 Bar-Drumming 結果発表!
ストリーミング・コードからグランプリ受賞者&リチャード・スペイヴンのパフォーマンス演奏が視聴可能!

ドラマガ初の試みとなった"春のコンテスト"=32 Bar-Drummingの受賞者がついに決定! グランプリは優勝特典となった8月25日のエル・テンポ定期公演にて一足先にお披露目となったが、プレイ分析や審査員コメントなどと共にあらためてグランプリ/準グランプリを発表! エル・テンポ公演のレポートなども盛り込み、初の試みとなった春のコンテストの締め括りをお届けします!

close up!
DW Drums 50th Anniversary
feat.チャド・スミス[レッド・ホット・チリ・ペッパーズ]、ジム・ケルトナー、恒岡 章[Hi-STANDARD、summertime]、BOBO、Tomonori[Fear, and Loathing in Las Vegas]

1972年に創業し、今年で50周年を迎えたDW(Drums Workshop)。カリフォルニア・サンタモニカの小さなドラム・ショップ兼ドラム教室からスタートした同社は、"ドラマーがより良い演奏のできる製品"を目指して試行錯誤を重ね、磨き上げた高い技術力と徹底した品質管理で、独創的かつクオリティの高いアイテムを数多く開発。現在では巨大施設を構え、ドラムはもちろんペダルやハードウェアまで自社で手がける、アメリカを代表するドラム・メーカーへと発展を遂げた。今回のclose up!ではそんなDWの半世紀に渡る歴史に焦点を当て、さらに国内外のDWドラマー達の声を通して、その魅力を掘り下げていく!

Interview
yukihiro[Petit Brabancon]

DIR EN GREY の京がL'Arc-en-Ciel のyukihiroに声をかけたことをきっかけに、豪華ラインナップで始動した5 人組バンド=Petit Brabancon。昨年末に行われた「JACK IN THE BOX 2021」での初ステージを経て、待望の1st アルバム『Fetish』がリリースされた。ヘヴィな楽曲群を揺るぎないビート&サウンドで支えるyukihiroへ、バンドの結成経緯や楽曲制作のエピソードを軸にインタビュー。メンバーのコメントも含めた8ページに渡る充実の内容です!

Live & Instruments Report
スティーヴ・ガッド

新連載
歌とドラムVol.01
ライデン湯澤殿下×デーモン閣下[聖飢魔II]

ドラマーとヴォーカリストの密なる関係性にフォーカスする、新たな連載企画="歌とドラム"。その記念すべき第一弾としてフィーチャーするのは、聖飢魔Ⅱのライデン湯澤殿下とデーモン閣下! 聖飢魔IIは一昨年、地球デビュー35周年を迎えて期間限定の再集結を果たすも、世界的なコロナ禍により、その活動は大幅な予定変更を余儀なくされてしまう。そんな中で彼らは、活動期間の延長を宣言し、ついには、実に23年ぶりのオリジナル大教典『BLOODIEST』を完成するに至った。今回は大教典に関する話を軸に、聖飢魔Ⅱにおける歌とドラムの関係、リズム、そしてグルーヴの在り方について大いに語り合ってもらった。悪魔が生み出す深遠なるリズムの謎に、10000文字超えの大ボリュームで徹底検証する!

連載 日本のスタジオ・シーンを創造したレジェンドたち
"Studio Great" Vol.9
小田原 豊

連載
人と楽器
Fuyu

連載《Streaming Code連動》
SNSでバズり中の超絶ドラマーが奥義を伝授!
セルフィ・セミナー
Soy、李 令貴、乘冨鼓

アコースティックエンジニアリングが手がけた
"ドラムが叩ける"プライベート・スタジオ

連載セミナー《Web連動》
Ultimate Drum Technique

連載セミナー
ドラムにまつわる悩みを一緒に考える!
BOBOオンライン

【New】
今月のドラマガがわかる"用語集"

Drummer's Disc Guide《Web連動》

NEW PRODUCTS《Web連動》

Information
人気連載セミナー「#月イチ1グルーヴ」が1冊に!
「神田式一生使えるグルーヴのレシピ
プロダクトNo 2768
出版社 リットーミュージック.
発売日 3,6,9,12月の16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。