油空圧技術 定期購読・最新号・バックナンバー

油空圧技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

油空圧技術雑誌の詳細です。


油空圧技術の公式サイトへ
本・雑誌 油空圧技術
本・雑誌内容 油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております
本・雑誌内容詳細 ■特集:建設機械・産業車両で活躍するフルードパワー
○移動式クレーンにおける油圧システム/コベルコ建機㈱/角尾泰輔
クレーンにも様々な種類あるが、その中でも移動式クレーンであるホイールクレーン、クローラクレーンの油圧システムについて、今回は巻上げ、起伏、旋回といったメインの油圧システムではなく、省エネ、安全性、作業負荷低減などのから付加された機能の油圧システムについて紹介する。

○高所作業車におけるフルードパワー/㈱/アイチコーポレーション/佐藤 充
本稿では、高所作業車の概要から基本的な油圧システムについて解説し、あわせて安全装置の一例を紹介する。

○塵芥車におけるフルードパワー/新明和工業㈱/清上武伸
日本国内で運用されている塵芥車の種類とそれぞれの機種における作動のしくみについて、油圧システムを交えながら紹介する。

○ウィンターレジャーを支えるゲレンデ整備車/㈱大原鉄工所/椿 哲也
当社が開発・製造する雪上車の中で、スキー場ゲレンデの整地に使われるゲレンデ整備車について、その構造と特徴や使われ方、開発における苦労などを紹介する。

■解説
○弾性表面波デバイスを利用したデジタル式マイクロ流体システム/静岡大学/近藤 淳
本稿では、弾性表面波(SAW)を用いたデジタル式マイクロ流体システム(DMFS)について紹介する。最初に液滴搬送についての実験的検討について述べる。その後、128YX-LiNbO3またはカバーガラス/水/ 128YX-LiNbO3からなるDMFSを用8月号アブストラクト(要約)いた結果について述べる。最後に、液体中の微粒子操作についても言及した。

■製品と技術
○地上と宇宙のデュアルユースを目指した建設機械の超軽量化技術/㈱タグチ工業/岡田康弘
地上と宇宙の共通課題である「軽量化」という部分に着目し、汎用性が高い建設機械として油圧ショベルと油圧ショベル用アタッチメントを地上用途目的として実施した軽量化研究について紹介する。

○掘削・解体工事に活用される超大型油圧ブレーカ/古河ロックドリル㈱/井上 節
鉱山・土木・構造物解体現場等で使用される油圧ブレーカの大型化が進む中、破砕性・耐久性・低騒音といった性能向上が求められている。本稿では、新開発の超大型油圧ブレーカの紹介とともに、試験実績と工事現場における活用事例を紹介する。

○ワイヤレス流体監視システム/㈱ヨシタケ/津布久剛
蒸気配管のバルブ故障等の判断に関する課題を解決する提案として、ワイヤレス流体監視システム『Wi-Flo』を紹介する。

■連載
○ゴルフパロディ百人一首 (第12回)/北川楊篤

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○作動油・潤滑油
プロダクトNo 2698
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。