AERA(アエラ) 定期購読・最新号・バックナンバー

AERA(アエラ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

AERA(アエラ)雑誌の詳細です。


AERA(アエラ)の公式サイトへ
本・雑誌 AERA(アエラ)
本・雑誌内容 迫力あるビジュアルと「人」へのフォーカスで、政治、経済、事件、文化、芸能、スポーツから生き方、働き方までカバーし、時代の気分をすくい上げながら独自の視点を提示しています。巻頭特集では、医療や教育からダイエット、食、子育て、マネー、転職まで、実用性の高いテーマに取り組み、事件や事故、社会現象は他誌と異なる方向から光を当ててリポート。写真家・蜷川実花が撮り下ろす、旬な人物の表紙が目印です。
本・雑誌内容詳細 巻頭特集
健康の新常識


健康志向にリスク
“タイパ”時代の食とサプリ新常識
紅麹サプリで浮き彫り/和食に“隠れ糖質”/全粒粉パンはほぼ無意味/とろろそばは「糖質かぶせ」

生活習慣
生活習慣に潜む大いなる勘違い
運動・食事・睡眠をバランス良く/痩せに糖尿病リスク/運動には疲労回復が不可欠/睡眠はまとめて

インタビュー
体重と向きあってきた
スイーツ親方・大乃国「最高体重213キロ」/松村邦洋「一時心肺停止に」/林マヤ「痩せすぎモデル時代」

ドラマ
朝ドラ「虎に翼」 どうせ行くなら楽しい地獄へ
時代が求めている「シスターフッド」を描く/何者かになろうとする姿/通りを歩くしんどそうな女性

社会
ハラスメントの境界線に戸惑い 防御一辺倒の管理職
「逆パワハラ」も増加/「回避的なマネジメント」に走る傾向/自分の本音に不感症になってしまう

人物
「帰って来た橋本治」展 桃尻語から編み物まで

連載
[2050年のメディア]下山 進 日本一来館者数の多い石川県立図書館

時代を読む
リニアと原発 似る事業の性格 議論は十分に尽くされているのか

音楽
Aぇ! group 前例のない未来へ
デビューは「通過点」で「出発点」/僕らはただ前を向いて進むしかない/抱負を漢字で

連載
向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン
「自分が撮った写真、見てます」(向井)/「写真を煮詰めると濃度が上がる」(百々)

トレンド
ティファニー 美しさ生み出す義務を追求

インタビュー
城田優 観客に“本物”を届けたい
目指す「クオリティー主義」/なぜそのキャリアを選んだのか/出会いはいつも新鮮

舞台
堂本光一 25年目、最後の“SHOCK”
単独主演記録樹立へ/公演2千回達成、前人未到の作品/後輩に見せてきた背中

トップの源流
NTT・澤田純会長 初任地の電話線設置

インタビュー
出口治明 成功は、99回の失敗の後の1回
いま若者に託したいメッセージ/大事なことは「人・本・旅」の実践/原因は男女差別

時代を語る
気象予報士対談 今夏の暑さや豪雨は?
「何月並みの暑さ」聞き流さないで/強烈な残暑の可能性/行動促す働きかけも大事

女性
[女性×働く]産まなかった私のモヤモヤ
仕事充実も「肩身が狭い」/社会的な圧と勝手なレッテル/LiLiCoさん語る

連載
松下洸平 じゅうにんといろ ゲスト・鈴木亮平
「朝ドラでヒロインの相手役を演じた亮平さんとどうしてもお話ししたくて」(松下)

表紙の人
Aぇ! group・アイドルグループ

現代の肖像
宮沢和史・シンガー・ソングライター/藤井誠二

AERA-note
編集長敬白

好評連載

eyes
内田 樹/ブレイディみかこ

佐藤 優の実践ニュース塾

武田砂鉄 今週のわだかまり

会いたい人に会いに行く
会った人・諸沢莉乃

竹増貞信の
コンビニ百里の道をゆく

[新連載]ニュースな将棋

あたしンち けらえいこ

はたらく夫婦カンケイ

シネマ×SDGs

AERIAL

アエラ読書部
石飛伽能 評
『愛犬王 平岩米吉
「日本を代表する犬奇人」
と呼ばれた男』

この人のこの本
乗京真知

[新連載]パリへの道 
競泳・鈴木聡美

しいたけ.の
午後3時のしいたけ.相談室

沖 昌之の
今週の猫しゃあしゃあ

稲垣えみ子のアフロ画報

職場の神様

ジェーン・スー の
先日、お目に掛かりまして
season 2

今週の1行コピー
わリニアわない超特急?
プロダクトNo 25
出版社 朝日新聞出版
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。