MJ無線と実験 定期購読・最新号・バックナンバー

MJ無線と実験の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MJ無線と実験雑誌の詳細です。


MJ無線と実験の公式サイトへ
本・雑誌 MJ無線と実験
本・雑誌内容 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線と実験』と改題し、オーディオ総合技術誌ろして現在に至っている。定評のある真空管・半導体アンプの製作記事を中心に、最新オーディオ製品の解説、高音質音楽ソフト、リスニングルーム紹介など、音楽をより洗練された機器で楽しむためのエンタテイメント月刊誌。
本・雑誌内容詳細 【特集】
送信管による大型シングルアンプの競作

●分厚い音質とさわやかな高域が特徴,特注シャシー2台構成
813シングル34Wモノーラルパワーアンプ 征矢進
●大型トランスドライブ,プレート電圧923V
211/242-Bシングル15Wステレオパワーアンプ 岩村保雄
●旧ソ連製直熱3極送信管使用,低電圧A2級動作
GM70シングル28Wモノーラルパワーアンプ 長島 勝

【オリジナル・サウンドシステムの製作】
●全段ヨーロッパ球とトランス結合で構成
KT66ドライブKT66 UL接続ppプリメインアンプ 佐久間駿
●DCアンプシリーズNo.261
録音ヘッドのバランス電流ドライブ,DCマイクとIVCの共通化,シリーズ同時録音
アナログバランス電流伝送録音再生システム[前編] 金田明彦
●初段ソースフォロワー+電圧ゲイン0dB BJT SEPP出力段
対称動作型出力ヘッドフォンアンプ[製作編] 柴田由喜雄
●高能率・高音質システムを目指す
小型スピーカーの設計と製作 第124回 小澤隆久

【オーディオテクノロジー】
●ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第57回]
フェーズメーションの歩み(4)
2013〜2014年の注目モデル 柴崎 功
●2ウエイシステムのステップ応答
スピーカーの音とパワーアンプの特性の関係(4) 新井悠一
●MJテクニカルレポート
オーディオスペース LS3/5A 2ウエイスピーカーモジュールを使ったオリジナルシステムの製作(4)小澤隆久
●アナログレコード再生再入門 第4回
プレーヤーのセットアップと使いこなし(2) 正木豊
●デジタルオーディオのキーデバイス
オーディオ用ICの特徴と応用例[第83回]総集編(3) 河合 一

【MJベストオーディオコンポ】
●ズームアップ
エリプソン OMEGA 100 RIAA フォノイコライザー内蔵,ベルトドライブプレーヤー
マランツ SA-12 ディスクリートD/Aコンバーター搭載SACDプレーヤー
デノン DCD-800NE USBメモリーからハイレゾ再生可能なCDプレーヤー
ニュープライム CDT-12 ハイレゾ・アップサンプリング機能搭載CDトランスポート
アキュフェーズ A-75 8Ω負荷,純A級動作領域60W×2パワーアンプ
メロディ PM845 EVO 845プッシュプルモノーラルパワーアンプ

●新製品ニュース

【MJレポート】
PSオーディオ DirectStream Power Plant 12 DSDデータ波形再生成によるAC電源装置

【音楽/音響空間/プロオーディオ】
●リスニングルーム No.597
自作でウエスタンエレクトリックの音を追求し,音楽を楽しむ 群馬県前橋市 高井孝祐氏宅
●自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負」第30回 渡邉博海

【オーディオ&ソフトガイド】
●MJニュース ローム,ハイエンドオーディオ向けD/Aコンバーターを発表
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第62回
センターとバイオグラフ① 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●クラシック名盤名演奏 144
黒柳徹子とチェリビダッケ 平林直哉
●名曲を訪ねてシネマの森へ124 柳沢正史

【読者のページ】
●読者の作品誌上ギャラリー
●第33回富山クラフトオーディオクラブ試聴会
●横浜真空管アンプ同好会公開試聴会
●第28回妙高オーディオ倶楽部発表会
●第74回あきた球響の会例会
●MJディメンション
●AudioWinds第14回真空管アンプ試聴会
●部品交換

【表紙】
813シングル34Wモノーラル 征矢 進 211/242-Bシングル15Wステレオ 岩村保雄 GM70シングル28Wモノーラル 長島 勝
プロダクトNo 244
出版社 誠文堂新光社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。