日経ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ビジネス雑誌の詳細です。


日経ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 日経ビジネス
本・雑誌内容 日経ビジネスは、経営トップをはじめ、多くのビジネスリーダーが選ぶNo.1経済誌です。日々のより良い決断や行動に必要なのは、ビジネスの最前線、現場で生まれている「本物の情報」に他なりません。日経ビジネスは、経済分野における圧倒的な取材力で、各業界・企業の現場に食い込み、生きた情報をいち早くリポートします。各社が知恵を絞り、新たな事業や目の前の課題解決に挑む実例の中には、「そんな一手があったのか」と、あなたの発想力を刺激する“価値ある情報”が満載。また、注目の経営者、気鋭の人物へのインタビューでは、組織を背負って戦うリーダーたちの本音を引き出し、「リーダーがどう決断し、動こうとしているのか」に迫ります。「自分ならどうするか」―そう考えながら読み続けることは、新たな視点をもたらす糧となるに違いありません。鋭い先見性で「一歩先」を提示する日経ビジネスをぜひ定期購読いただき、あなたのお仕事、新たな挑戦の信頼に足るパートナーとしてお役立てください。
本・雑誌内容詳細 ▲2022年5月23日号 no.2141 5月23日発行


■特集 買わせる心理学 進化する本能マーケティング

●買わせる心理学 進化する本能マーケティング(008p)
● 「そっと後押し」 が生む新サービス(010p)
●ピーチ、フジパン、アピックス コロナ禍の“謎ヒット”読み解く鍵は 「不便益」 (012p)
●ネタバレ上等! 大阪発のオモロイ“仕掛学”(016p)
●その気にさせて人を動かす 本能をゆさぶる4つの法則(018p)
●実践シミュレーション シェアトップを奪取せよ(024p)
● 「悪用は禁物」 、失敗にご用心(026p)
●ワクチン接種に健診受診も促す 国や自治体も活用 社会を変える礎に(028p)


■第2特集 自粛、マスクはいつまで続く 日本経済を傷めつける出口戦略なきコロナ対策

●自粛、マスクはいつまで続く 日本経済を傷めつける出口戦略なきコロナ対策(034p)


■有訓無訓

●渡辺 良機 東海バネ工業 顧問 言い値で売れる多品種“微量”生産 「値引きを断れる力」 が中小企業を鍛える(005p)


■編集長インタビュー

●[リクルートホールディングス会長] 峰岸真澄氏 成功体験捨て世界で勝つ(044p)


■テックトレンド

●自治体DX 住民データの連携に挑む(050p)


■戦略フォーカス サービス開発

●ベスプラ(脳の健康維持アプリ) 認知症予防、スマホで貢献(058p)


■グローバルインテリジェンス

●プラットフォーマーとデータ独占 「情報アクセス権」 を開放せよ(062p)


■連載小説 小説 国産紙幣誕生

●(066p)


■敗軍の将、兵を語る

●嘆願かなわず製紙工場撤退 蝦名大也氏 [北海道釧路市長](072p)


■シリーズ連載 不屈の路程

●No.2 「不条理」 な商習慣に憤り、小売り進出を決心(074p)


■今週の一冊

●新しい世界、よりよい未来への示唆(080p)


■電子版編集長セレクト

●ロシア産ガス禁輸なら 「世界の終わり」 (082p)


■時事深層

●FRONTLINE 苦境アマゾン、物流テックを注視(086p)
●INDUSTRY 最高益トヨタは一転減益に 自動車、資材インフレが直撃(088p)
●INDUSTRY 伊藤忠から 「3冠」 を奪還 三菱商事、空前の利益でも危機感(089p)
●COMPANY 初の営業利益1兆円超も ソニー、鈍るゲームの成長力(090p)
●INDUSTRY 大型連休で活況取り戻したが…… 旅行業界、露呈したボトルネック(091p)
●COMPANY エディオンに10%出資のニトリ 狙う家電強化ともう一つの果実(092p)
●COMPANY スシロー 「1皿100円」 を卒業 強者の戦略 「くら」 「かっぱ」 試練(093p)
●電子版ダイジェスト編集部のZ世代記者が聞く Z世代ど真ん中の新人がかかりやすい 「新しい5月病」 とは(094p)


■ニュースを突く 政治

●岸田内閣の 「不支持率」 が低い理由(095p)


■編集長の視点/取材の現場から

● 「にんげんだもの」 と行動経済学(096p)


■賢人の警鐘

● 「幼き記憶と重なる危機。制裁だけでなく、早急に戦禍を止めるための一手を」 ANAホールディングス 相談役 大橋洋治(102p)
プロダクトNo 1934
出版社 日経BP
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。