なごみ 定期購読・最新号・バックナンバー

なごみの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

なごみ雑誌の詳細です。


なごみの公式サイトへ
本・雑誌 なごみ
本・雑誌内容 今日ほど、「和の心」が渇望されている時代はありません。日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化「茶の湯」に範をとり、月刊毎号特集ページを充実、現代の「茶のあるくらし」=「和のあるくらし」を提案しています。
本・雑誌内容詳細 2019年

なごみ2019年3月号
【大特集】
三献が醸す豊かなひととき 日本酒をたのしむ茶会

◎特集の内容
従来、一種類の日本酒を燗鍋で三献供することが多かった茶事の懐石。
しかし個性的な日本酒が次々に登場している昨今、それにとどまらないもてなし方も増えています。
日本酒の多様な楽しみかたを取り入れた“茶会”、そのユニークなもてなしを紹介します。

・雛祭りの懐石で ストーリーのある三献を 北見宗幸
・実践!お燗をたのしむカジュアル茶会 入江亮子・佐藤宗樹
・懐石に合う地酒リスト2019春 入江亮子
・知っておけばもっとたのしい! 日本酒ふむふむ講座 入江亮子
・日本酒を使った菓子を三献 中国茶と糧菓に酔う茶事 安藤雅信・溝口実穂
・「盃事」という日本文化 神崎宣武
・「カンタン欧風懐石」「ご当地八寸」レシピ 入江亮子

【連載】
・不惑問答 「濱田めぐみさん」(藤間勘十郎)

・東西おいしい往復書簡「たぬき煎餅」(平松洋子)

・TOKYO市中の山居「丘の上の大らかさ チョコレートハウスの茶室」(ホンマタカシ)

・日本のおはなし「ぶたぶた愛」(森 絵都)

・御ちまき司 川端道喜とわたし「自然の声」(川端知嘉子)

・3つのキーワードで組み立てる 茶会のヒント「門出を祝う茶会」(桂 宗裕)

・戸棚の奥のコトバ「イーでん」(金田一秀穂)

・京都派の遺伝子「スタンリー・ウォン(コンテンポラリー・アーティスト)」(エバレット・ケネディ・ブラウン)

・江戸ザ・マニア「『雛人形』庶民の憧れの結晶」(浅生ハルミン)

・能楽ものがたり「小狐の剣―小鍛冶(三)」(澤田瞳子)

・くずし字学習帳「中務」(兼築信行)

・利休・織部・遠州 くらべる茶の湯史「くらべる『茶室』」(神津朝夫)

・禅語トランスレーション「本来無一物」(松原正樹)

・女将さんオススメの水屋見舞い「檸檬ケーキ ちーとすいー」

・お家でできる着物の手入れ「トラブルの応急処置」(富澤輝実子)

・なごみ寄席「のどかな春に聴きたいネタ」(広瀬和生)

・なごみBooks/Theater/Museum
プロダクトNo 1909
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。