道徳教育 定期購読・最新号・バックナンバー

道徳教育の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

道徳教育雑誌の詳細です。


道徳教育の公式サイトへ
本・雑誌 道徳教育
本・雑誌内容 教育の荒廃が叫ばれて久しいが、近年それに対する基本的な取り組みとして、豊かな人間性の育成が強調されると同時に、道徳教育の充実が新たな教育の課題として浮かぶ上がってきた。本誌は、道徳の時間を中核にしながら、学校における道徳教育のあり方を追求する。
本・雑誌内容詳細 特集 あの先生の道徳授業探訪記
[論説]道徳授業を見る視点・論点/島 恒生
雰囲気づくりから指導のポイントまで丸わかり!あの先生の道徳授業探訪記
発問・問い返しで子どもの心を動かす
加藤宣行先生の道徳授業探訪記/小林 大紀
探訪記を読んで/加藤 宣行
テーマをもった発問で深い学びにつなげる
幸阪創平先生の道徳授業探訪記/箱﨑 由衣
探訪記を読んで/幸阪 創平
創意工夫ある教材提示で子どもを引き込む
池田なほみ先生の道徳授業探訪記/松島 千尋
探訪記を読んで/池田 なほみ
哲学対話で子ども主体の授業をつくる
町田晃大先生の道徳授業探訪記/杉本 遼
探訪記を読んで/町田 晃大
ペア・グループの交流場面で心を動かす
丸岡慎弥先生の道徳授業探訪記/森 直也
探訪記を読んで/丸岡 慎弥
役割演技で子どもの内なる声を引き出す
北川沙織先生の道徳授業探訪記/眞榮城 善之介
探訪記を読んで/北川 沙織
ICTを巧みに使って児童を巻き込む
中野浩瑞先生の道徳授業探訪記/清友 啓介・泉谷 量平
探訪記を読んで/中野 浩瑞
15分×3の3パックで思考を途切れさせない
古舘良純先生の道徳授業探訪記/加藤 俊也
探訪記を読んで/古舘 良純
開発教材で子どもの芯の心に迫る
広山隆行先生の道徳授業探訪記/立石 源
探訪記を読んで/広山 隆行
複数の関連項目を関連付けて学びにつながりをもたせる
及川仁美先生の道徳授業探訪記/山田 将之
探訪記を読んで/及川 仁美
反転学習でより深い話し合いに導く
山本理恵先生の道徳授業探訪記/三浦 圭悟
探訪記を読んで/山本 理恵
動きのある授業で対話・交流を生む
近野秀樹先生の道徳授業探訪記/杉中 康平
探訪記を読んで/近野 秀樹
ICTを巧みに使って生徒を巻き込む
佐々木篤史先生の道徳授業探訪記/川端 裕介
探訪記を読んで/佐々木 篤史
今でも忘れられない! あの先生の道徳授業探訪記
教師の実感からつくられた道徳授業/山中 伸之
道徳のチカラ中学の至宝 山中太の公開授業/桃﨑 剛寿
書評
現在の道徳教育が求められる姿を知るための書籍
『道徳授業の個別最適な学びと協働的な学び』浅見哲也・安井政樹著(明治図書)/走井 洋一
問いと対話で子ども主体の授業を実現するための一冊
『子どもの問いではじめる!哲学対話の道徳授業』杉本遼・町田晃大・藤井基貴・高宮正貴編著(明治図書)/荒木 寿友
心が育つ「小さな道徳授業」 短時間でできる道徳授業。学級づくりに効果絶大! (第12回)
積み重ねを生かそう!/鈴木 健二
道徳教育2017→2030 (第24回)
時代が変わっても変わらない指導のスタンス/浅見 哲也
新・道徳授業論―令和の道徳科をつくりだす原点と視点 (第24回)
多様性と未来展望の「原点」と「視点」をもつ/永田 繁雄
考え,議論する道徳に変える 加藤宣行の発問講座 (第12回)
5,6年の発問をどの様に考えるか/加藤 宣行
パッケージ型ユニットで創る 中学校道徳授業のニューモデル (第12回)
パッケージ型ユニットから始まる未来進化系としてのマルチユニット型道徳学習プログラムを構想する/田沼 茂紀
おもしろすぎて授業したくなる 森岡健太の板書 (第12回)
「どうしちゃったの?ねずみくん」(なかえよしを作,上野紀子絵,ポプラ社)/森岡 健太
デジアナ融合の1人1台端末活用メソッド (第12回)
道徳授業と子どもの人生をつなげるための活用/中野 浩瑞
~教室で生み出されたオンリーワンの名言で展覧会を創る~
教材研究を変える 「内容項目」の押さえどころ (第12回)
公と私の緊張関係を捉える/髙宮 正貴
~「勤労,公共の精神」(小),「社会参画,公共の精神」(中)~
道徳授業=ホープ&エースを紹介します! (第131回)
【京都府】大胆に改革し,頑固に守る道徳授業/鎌田 賢二
編集後記
/C
プロダクトNo 1871
出版社 明治図書出版
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。