東京人 定期購読・最新号・バックナンバー

東京人の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

東京人雑誌の詳細です。


東京人の公式サイトへ
本・雑誌 東京人
本・雑誌内容 「東京人 Tokyo-jin」とはあるものではなく、なるものである。東京で生まれ暮らす人はもちろんのこと、日本各地から、世界各国からやってきて、学んだり仕事をしたりしている人はみな「東京人」。月刊「東京人」では、東京を舞台に生きるヒト”東京人”のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など東京という舞台が生み出す様々な事象を、毎号の特集で探っていきます。あなたも月刊「東京人」で、東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?
本・雑誌内容詳細 東京人
february 2019 no.407
contents

特集 平成 1989-2019
情報革命の時代
写真・泉 大悟、尾田信介

12
対談
テレビドラマ放談
SNS時代のフィクションとリアル
野木亜紀子 脚本家
×
岡室美奈子 早稲田大学演劇博物館館長
構成、文・大島佳子

20
まだ戦後なのかもしれない
作家
文・田口ランディ

21
疾風怒濤の時代から、常識とバランスの時代へ
アニメーション監督
文、イラスト・高(ハシゴ高)橋良輔

22
座談会
まちは巨大なデータベースになっていく
青山佾 元東京都副知事
×
吉見俊哉 東京大学大学院情報学環教授
×
泉麻人 コラムニスト
文・石原たきび

30
モバイル・メディアと都市 
明治大学情報コミュニケーション学部准教授
文・南後由和

32
対談
ICT革命で変貌し続ける世界
相澤彰子 国立情報学研究所コンテンツ科学系教授
×
長谷敏司 作家
構成、文・牧 眞司

40
科学技術館
デジタル・ネイティブ世代の君たちへ
文・松浦 匡

43
「食」は、味よりインスタ映え?
文・阿古真理

48
コンビニの進化
コンビニジャーナリスト
文・吉岡秀子

50
ネットワークゲーム
手のひらに、世界がやってきた!
文・髙橋ピョン太 

56
フィルムからデジタルへ
「テクノ画像」と社会のコード化
文・港 千尋

60
天皇の行幸 地球十五周半の旅
文・竹内正浩

66
富岡畦草が記録した
平成元年、東京点景
写真・富岡畦草

72
IT革命の衝撃
変容する経済と労働
談・吉崎達彦

78
年表 平成の出来事と流行語 

81
IT機器の三十年史
パソコン/音響機器/テレビ/電話/カメラ/自動車 など

88
鼎談
(大)女の子のお手本! 女性誌の30年
(小)オリーブ少女、ギャル、森ガール……
小林司 編集者、ミスiD主宰
×
山崎まどか 作家
×
菅野結以 モデル、デザイナー

*----------------------------------------------
3
先付 春夏秋冬 年初 34 鮨てる
祝肴
文・瀬川慧 写真・大山裕平

東京点画
ぼけますから、よろしくお願いします 文・信友直子  7
「対話」を大切にする、日比谷高校の授業  文・武内彰 8
東京と名古屋の距離 文・辻真先 9

99
キリンラガービール 愛されて一三〇年
帰りにサクッと一杯いかが
今晩寄りたいとっておきの店

100
曇天記124
なんの仕事だったろう
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策

102
ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽100
新橋「LAND BAR artisan」の巻
謎かけのジン・トニック
文・林家正蔵 写真・川上尚見

106
赤坂人物散歩22  今宵ホッピーをこの店で!
森永太一郎
日本の西洋菓子は赤坂の地ではじまった

108
(小)丸の内二重橋ビル、オープン!
(大)東京會舘 おかえりなさい。
文・辻村深月

116
「風紋」の人びと11 林聖子に聞く
竹内好墜落事件、そして懐かしの人たち
文・森まゆみ

122
まちの仕掛け人たち 42 台東区
江戸から伝わる芸能・文化で、まちをさらに元気にする
「江戸まち たいとう芸楽祭」
文・金丸裕子

124
(小)作品も自身も型破り
(大)「筒井康隆」ってなんだ!?
文・牧 眞司

142
東京つれづれ日誌104
台湾を愛した天野健太郎さん逝く
文・川本三郎

133
Close up TOKYO
Interview
東京都 総務局 多摩島しょ振興担当部長
高崎秀之

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク
SHOPS&GOODS 113
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
プロダクトNo 1808
出版社 都市出版
発売日 毎月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。