ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き 定期購読・最新号・バックナンバー

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き 定期購読・最新号・バックナンバー

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き雑誌の詳細です。


ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの公式サイトへ
本・雑誌 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き
本・雑誌内容 生の英語のインタビューや、すぐに役立つ特集記事などで、楽しく英語力アップできる学習情報誌です。付属CDには、映画・音楽業界や経済界の第一線で活躍する人々のインタビューやスピーチ、英米の旬なニュースなど、さまざまなタイプの英語が収録されており、オールラウンドな英語力を身につけることができます。すべての英文には対訳と語注がついているので、目的やレベルに合せた幅広い学習が可能。読み応えのある連載記事も満載で、毎号飽きずに英語学習を継続できます。来春、創刊45周年を迎える、信頼と実績の英語学習情報誌のトップランナーです。
本・雑誌内容詳細 ■特集■
トレンド入りする言葉たち
「検索ワード」で世界を読み解く

2018年も世界情勢はめまぐるしく動き続け、毎日のようにさまざまな出来事が起きています。今回の特集では、今年の上半期の振り返りとして、「英辞郎 on the WEB」でよく調べられた「検索ワード」を分析し、日本で注目を集めたニュースをまとめました。「旬な言葉」を起点に、世界情勢を読み解きましょう。また、常に検索上位にランクインする、重要語句リストも併せてご紹介します。

■特別企画1■
広島の研究家 アメリカへ行く
「核なき世界」を希求

1945年8月6日、広島に原爆投下――当時、捕虜として広島に収容され被爆したアメリカ兵がいた史実は、長い間封印されていました。米兵捕虜の最期を独自に調査し、遺族さえ知らなかった事実をアメリカ各地の遺族に伝えた在野の歴史研究家がいます。2016年、広島を初めて訪問したバラク・オバマ前大統領にねぎらいの抱擁をされ、一躍脚光を浴びた森重昭さん(81歳)は、今年5月、念願かなってアメリカを初訪問しました。その生涯をかけた調査研究の歩みと、アメリカ各地での交わりを紹介し、国境や世代を超えて平和を希求するメッセージをお届けします。

■特別企画2■
ブラックカルチャーを知る
55周年を迎える「ワシントン大行進」とは何だったのか?

1963年、アメリカの首都ワシントンD.C.で、黒人の権利をテーマにした政治集会が開かれ、20数万人が参加しました(通称「ワシントン大行進」)。本年はこの集会から55年、また、その主導者の一人でもあったマーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺から50年に当たります。本企画では、この行進に至るまでの経緯を、解説や当時の報道音声などから再検証します。また、今もなお解消されたとは言い難い、黒人に対する差別の現状を、音楽、文学、映画などを通じて考えてみましょう。

■Audio Focus(インタビューのスクリプト&CD ※雑誌に付属)
EJ Interview 1 ノエル・ギャラガー(ミュージシャン)
音楽の道を真摯に突き進む ロック界の「問題児」

イギリスの人気ロックバンド「オアシス」の中心人物でありながら、2009 年に突然脱退し、音楽ファンを驚かせたノエル・ギャラガーはその後、「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」を率いて精力的にソロ活動をしました。2018 年の夏は、最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』を引っ提げて来日し、サマーソニックのヘッドライナーを務めます。EJ Interview では、ロックンロールの原点に回帰したアルバムの制作秘話と、彼らしいロックスター論をお届けします。

EJ Interview 2 ムハマド・ユヌス(経済学者、グラミン銀行創設者)
貧困をなくし、「人生に準備」を

バングラデシュの経済学者、ムハマド・ユヌス博士は、貧しい人に無担保で少額を貸すグラミン銀行を創設し、母国の貧困を大きく軽減することに貢献しました。さらにはグラミン銀行を主体として、インフラ、エネルギー、社会保障など様々な分野の社会問題に、ビジネスの仕組みを応用して取り組む「ソーシャル・ビジネス」を展開。その功績が讃えられ、2006年にはノーベル平和賞を受賞しています。最新著書『3つのゼロの世界』出版記念来日講演をお聞きください。

World News
News 1:トランプ米大統領、イラン核合意離脱を表明
News 2:マレーシア総選挙、野党が歴史的勝利
News 3:104 歳の豪科学者、スイスで安楽死

Documentary
From AFP 消防士たちがオピオイドから中毒者を救う

連載
Tea Time Talk(ケイ・ヘザリ)/英米小説翻訳講座(柴田元幸)/通訳の現場から(関根マイク)/勝手にENGLISH JOURNAL!/Remarkable Japan! 日本人の知らない意外なニホン/キムタツ式日常表現クイックレスポンス ほか
プロダクトNo 142
出版社 アルク
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。