人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画 特集 今年の中国経済 改革・開放・協力で安定成長
  PART1 「一帯一路」の貿易拡大が鍵
  PART2 供給側の構造改革を促進
  PART3 中日協力で世界の変化に対応  文:チャイナブランド戦略計画院副院長 劉徳氷
  PART4 成長率6.6%は正常な流れ  学習院大学経済学部教授 渡邉真理子(談)

■文化・観光
  ESSAY・楽しい異文化の旅(3)
    「北国の春」と綿入れ  文:劉徳有
  美しい中国 攀枝花
    余生を満喫できる常春都市 製鉄が支える民族の多様性
  report 忘れられないあのひととき――両陛下の故宮参観を案内して  文:劉徳有
  report 世界に影響を与えた百年前の留学
  時のひと▼芸術大家
    漢字の美しさ 陶磁器にのせて  書道家・陶刻家 王亜平氏  文:王金晶

■社会・民生
  弁護士が見る 時代と歩む中国法(3)
    「爆買い」招いた代理購入終焉?  文:鮑栄振
  躍動と感動 13億人のものがたり
    全人代の出稼ぎ労働者代表 生の声を政治に反映したい
  report 嫦娥4号の月の裏側探査 宇宙での国際協力さらに

■時事・経済
  この人に聞く
    平井伸治 鳥取県知事 コナン・緑化・第三国市場で協力進化
  up-to-date NEWS
    習主席、「祖国の統一は実現せねばならぬ必然のこと」
    米テスラ、上海に海外初工場/「嫦娥4号」が月の裏側に着陸
    「復興号」新型車両が初公開/故宮で清代の春節を体験
    北京首都空港、年間利用者数が1億人突破/中国各地で樹氷が出現
    トピックス/キーワード/中日関係にひと言
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    不確定な世界情勢に 中日、協力強化で対応  文:江原規由
  中日経済のいま
    研究開発と開放で対応 米国が「狙い打ち」のファーウェイ  文:陳言

■インフォ・コーナー
  笹川杯作文コンクール優勝作品 わたしと日本  文:鄭羽揚
  report 中日大学生500人交流 両国の未来を語り合う  文・写真提供:郭寧
  対訳 世相小説
    自尊 自尊心
  節気と花:俳句の中国語訳
    啓蟄 春分
  新語ネット語
    斜杠青年/割韭菜/打鶏血/補短板
  交流&イベント
  インフォボックス
  @Japan わたしと中国
    日本人という仮面  文:今村奈津子
  マンガキャラ 中国の諸民族
    トゥチャ族  イラスト・文:李昀
  快楽学唱中文歌♪ 林宥嘉『全世界誰傾[イ+尓]』  孟群、向田和弘

  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 中国とポルトガル国交樹立40周年
  グラフィティ by 本誌社員
  読者アンケート
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。