Esquire The Big Black Book(エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック) 定期購読・最新号・バックナンバー

Esquire The Big Black Book(エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Esquire The Big Black Book(エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック)雑誌の詳細です。


Esquire The Big Black Book(エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック)の公式サイトへ
本・雑誌 Esquire The Big Black Book(エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック)
本・雑誌内容 トレンドに終始した既存の雑誌には、もはや学ぶことはないと考える成功者に向けて、さらなる人生の特等席を提案します。
本・雑誌内容詳細 1
●慈しみ思いやる、日本のこころ クリエイティブの神髄
世界に誇る手仕事が今なお脈々と息づく日本。
歴史と伝統が育んだ手仕事は、一方では日々進化を遂げ、その新しい姿は、
世界からさらなる注目を集めている。そうした手仕事の現場や使い手、
あるいは深く関わる方々を衣・食・住そして茶の湯の世界に訪ねてみた。

2
●醸成と進化── 軽井沢カルチャーの“いま”とは?
個性が積み重なっての軽井沢の別荘文化なのではないだろうか。
そこに集う人が気に入るような店で街が成り立っている。
その人が大切にしているライフスタイルを表すような建築が点在する。
日本における別荘の発祥の地にあって、いま注目すべき「新しい」別荘では、
どのような文化がはぐくまれようとしているのか。軽井沢とゆかりの深い
文化人の別荘を継承した新しい住人を、作家・森岡督行さんと訪ねた。


3
●今日的エレガンスを宿す、静謐なる装い
厳しくも豊かな自然の恵みと謙虚な人の営みにより、長い月日をかけ作り上げてきた品格
「土徳」が根付く北陸・富山。クワイエット・ラグジュアリーがもてはやされる今こそ、
この「土徳」と調和する態度で静かに、己を表現したい。優美で控えめなエレガンスに心を砕き、
これ見よがしなデザインや高級感は、もう終わりにしよう。

4
●テーラリングは、新時代へ
パンデミックを乗り越え、復活を遂げたテーラリングは、大胆不敵に生まれ変わった。
カジュアルな装いが主流になりつつある今こそ、丹念に仕立てられたスーツを、自分らしく着こなそう。

5
●インスピレーショナルな日本の進化型スポット
未来予測が難しいとされる転換期の現代、ビジネスに創造性が求められる今こそ
固定観念にとらわれず、日常から離れた場所での意識改革や念願だった夢を実現する好機ではないだろうか?
最前線のリーダーたちのインタビューをもとに、彼らが先導する進化型スポットに注目する。

6
●ル・マン24時間レースを追って
100周年を迎えたル・マン24時間レース。2023年6月10日から 
11日にかけてポルシェ・ペンスキー・モータースポーツのピットに密着。
数々のアクシデントに直面したメカニックやドライバーの姿をリポートする。
プロダクトNo 1281697529
出版社 ハースト婦人画報社
発売日 4,10月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。