Lula JAPAN(ルラ ジャパン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Lula JAPAN(ルラ ジャパン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Lula JAPAN(ルラ ジャパン) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Lula JAPAN(ルラ ジャパン) 雑誌の詳細です。


Lula JAPAN(ルラ ジャパン) の公式サイトへ
本・雑誌 Lula JAPAN(ルラ ジャパン)
本・雑誌内容 ときめく心を永遠に忘れない…そんな大人の女性に向けたUK発のグローバルファッション誌。ファションストーリーを軸に、クリエイティビティの高いビジュアルをお届けします。本物のクリエイションやものごとの本質、感情豊な鋭い感性を持っている20代後半からの大人の女性に向け、魅力あふれるコンテンツを提案、発信します。「Lula JAPAN」はファッションに興味のある女性のみならず、日本のファッションシーン全体の感度を高める唯一無二のインターナショナル・マガジンを目指します。
本・雑誌内容詳細 Lula JAPAN issue 08 のテーマは「YELLOW(イエロー)」
独特の感性を持つ日本のトップクリエイターと海外で活躍するクリエイターがファッションストーリーで競演。
本物のクリエイションやものごとの本質、感情豊かで、鋭い感性を持っている20代後半からの大人の女性に向けて魅力あるコンテンツを発信していきます。

MAGAZINE HOUSE MOOK Lula JAPAN issue 8
SPRING AND SUMMER 2018
春夏ファッション特集

・My Own Lula
麗らかな季節の予感に胸を膨らませ、想像する。 個々のオリジナリティが彩る、瑞々しく、軽快で、ユニークな装い。
紡がれたひとつひとつのピースが、呼吸をするように、優しく肌に寄り添う。

・In The Moon
静かな幸せ、平穏な日常。どこか心地よいラグジュアリーが、彼女の日々、等身大のピュアリティを包む。 現実と幻想が交差するような柔らかな光が映し出すのは 少女の持つイノセントなイメージと大人の女性像とが共存しているストレ ン ジ な ク ロ ス ポ イント 。

・UNUSUAL BALANCE ( カジュアルMIX特集)

・photography特集
マグナム・フォト所属のCAROLYN DRAKE ( キャロリン・ドレーク )の撮り下ろし&独占インタビュー
世界的写真家集団、マグナム・フォトに所属するフォトグラファーのキャロリン・ドレーク。 彼女が写し出すのは、裏庭で起こるような光景。 とても静かで、日常的で、深くダイナミックな世界。Lula JAPAN のために捉えた、「イエロー」にまつわるスペシャルストーリーを公開。

<CAROLYN DRAKE ( キャロリン・ドレーク )>
アメリカ・カリフォルニアを拠点に活動するアーティスト。グローバルに活動する写真家集団、マグナム・フォトに2015年より所属。「Internat」(2017) など、作家として自身の作品集を3冊出版している他 、インターナショナルマガジンなどでも活躍。2018年3月よりサンフランシスコの SFMOMA にて、エキシビション「Wild Pigeon」を、2018年5月よりヒューストンのHouston Center for Photography にてエキシビション「Internat」をそれぞれ開催予定。 www.carolyndrake.com

・INSIDE OF HER
Lula JAPAN ISSUE08のテーマである「イエロー」。光を表すような強い感情で彩ると同時に、繊細な静けさも併せ持った色彩。さまざまに変化するカラ ーに 、クリエ イタ ー たちの想像力はどう広がっていくのか 。彼らの感性を刺激する 、色の可能性を探る 。

・CHROME HEARTS特集
・BEAUTIFUL THINGSほか

その他アート企画など企画が盛りだくさんです。
プロダクトNo 1281696255
出版社 セレック
発売日 3,9月の28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。