Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)雑誌の詳細です。


Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の公式サイトへ
本・雑誌 Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)
本・雑誌内容 本誌は、「月刊アームズマガジン」の増刊として発売、2012年8月号より独立創刊し月刊誌となりました。床井雅美氏、Turk Takano氏、Toshi氏をはじめとする、実銃専門誌で活躍してきた海外ライターが一挙集結し、日本では見ることのできない海外の銃器に関する最新情報を毎月発信する銃と射撃の専門誌です。≪メインコンテンツ≫★海外実銃レポート★上記ライター陣による各地での取材レポート。★国内トイガンレポート★アームズマガジン誌とはコンセプトの異なる角度から、国内製品や実銃をインプレッション。★国内シューティングレポート★日本国内の実銃射撃、銃砲の情報を掲載。
本・雑誌内容詳細 スプリングフィールドアーモリーXD V10 Ported カスタム
クロアチアのHS Produktが製造するポリマーフレームハンドガンXDシリーズは、現在ではスプリングフィールドアーモリーの主力モデルに発展した。
XDの進化型や派生型が数多く存在する中で、独特の魅力を持つモデルがV10ポーテッドだ。V字に噴出すマズルフラッシュは、マズルライズをコントロールし、PRP製トリガーキットと組み合わせることで、この銃の速射性能を大きく高めている。

・NRA年次展示会2019 インディアナポリスで開催された全米ライフル協会主催のガンショー
National Rifle Association(NRA)の年次展示会は、一般消費者が来場できる米国最大の銃器見本市だ。
ブースの数や床面積では年始に開催されるSHOT SHOWに及ばないが、来場者数でははるかに上回る。またSHOT SHOWに参加していないメーカーもNRA年次展示会には参加しているケースも少なくない。
今回はSHOT SHOWレポートには登場しなかった新製品を中心にご紹介する。

・ワルサーPPK/S 中型DAオートのマスターピース
モーゼルHSc、HK4、ベレッタ84、SIG P230….380ACPを撃つ往年の中型ダブルアクションオートはどれも過去の銃になってしまった。
唯一、PPKとPPK/Sだけが生き残っている。ストライカーファイアとショートリコイルを組み込んだ現代のコンパクトオートは、軽くて撃ちやすい。
うっかりするとPPKサイズでありながら9mmパラ仕様だったりするのだ。時代は変わった…それでもやっぱり往年のPPKとPPK/Sには魅力がある。

・ライフルダイナミクス RD701 モダナイズドAKの頂点
1948年、AK-47の最終試作モデルが完成、これが採用されて量産がスタートし、ソビエト赤軍の手に握られるようになったのは1949年の事だ。
以降、現在に至るまで、AKプラットフォームのライフルは東側諸国や中国等多くの国で量産され、世界でもっとも数多く作られた軍用ライフルとなっている。それは現在も続き、その総生産数は1億挺以上と推定される。
70年も前に基本デザインがおこなわれたライフルだが、モダナイズド加工を加えることで、その操作性、拡張性は大幅に改善される。
今回、ご紹介するライフルダイナミクスは2007年以降、AKのモダナイズド化で高く評価され続けたAKビルダーだ。
・銃器製造技術 その進化 素材および加工法
銃がお好きな皆さんでも、銃がどのように作られているのかについては、あまりご存じないのではないかと思う。
現代はCNCマシンが稼働して、コンピュータ制御でパーツを削り出していることは、最新の製造技術から推測できるだろう。
しかし、それはこの30年ぐらいの話だ。それ以前の、いわゆるクラシックマスターピースと呼ばれるような銃は、旋盤やフライス盤を駆使して、人力で作られてきた。
今回はそんな銃器を構成する素材、およびその加工法の進化について解説する。

・パワー カスタム グランドマスターリボルバー
70年代から80年代の中頃まで、リボルバーへの注目度は非常に高かった。
アメリカのポリスオフィサーのほとんどがリボルバーを装備し、PPCマッチやビアンキカップでは様々なカスタムリボルバーが使われた。
リボルバーのガンスミスも多く、それぞれ独自のデザインを競っていた。そんなガンスミスの中でも、レジェンド(偉大な功績をあげた人物)と呼ばれたのが、ロン・パワー氏だ。
彼の作った“Grand Master”モデルは、当時最高のカスタムリボルバーだったと言える。

・WBK バッフェンボーゼ カッセル2019春 アンティークガンショー 床井雅美/神保照史
今回は最近のガンプロ誌ではほとんど登場しないアンティークな銃を中心にご紹介する。読者の皆さんが興味を持たれる対象は、現用の銃器なのかもしれないが、たまにはこのような古い時代の銃にも目を向けてみてはいかがだろうか。
現用の銃器は、これらのアンティーク銃が使用された長い歴史の末に登場している。これらはどれも、登場した時代においては最新鋭の武器だったのだ。

・ザァスタヴァM53 ユーゴスラビアのMG42
ローラーロッキングのリコイルオペレーテッドを最初に量産展開したのは、ドイツのMG42だった。途轍もない回転速度で7.92mm弾を撃ち出すその銃に、多くの連合軍兵士は恐怖を感じただろう。
第二次大戦に敗れたドイツは、戦後補償としてユーゴスラビアにMG42の生産設備一式を引き渡し、ユーゴスラビアはそれを活用、M53として生産した。
自国防衛のために生産配備されたM53だったが、その最後はユーゴスラビアが崩壊していく過程で自国民同士の紛争に投入されるという悲しい歴史を辿った…

・その他実銃記事
ユタ州コンシールドキャリーウエポン パーミットクラス 前編
今月の、どマイナーワールド 47 パンツァー.22LRデリンジャー
無可動実銃に見る21世紀の小火器125 B&T MP9-N
ガンヒストリールーム55 新説 村田銃6 村田連発銃の謎を追う
プロダクトNo 1281693137
出版社 ホビージャパン
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。