週刊トラベルジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊トラベルジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊トラベルジャーナル雑誌の詳細です。


週刊トラベルジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 週刊トラベルジャーナル
本・雑誌内容 1964年に創刊した日本で最も実績のある観光産業のビジネス専門誌です。政府が目標に掲げる訪日外国人旅行者(インバウンド)4000万人と日本人海外旅行者(アウトバウンド)2000万人時代の到来を見据え、ツーウェイツーリズムの視点からビジネスソリューションにつながる情報提供に努めています。毎週、観光産業のタイムリーな話題を取り上げ、さまざまな角度から深堀した編集特集を企画しています。この他にも識者によるコラムなど必読のコンテンツが充実しています。
本・雑誌内容詳細 ■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 旅行業界から「新入社員が3年でやめてしまう」という声が聞こえてきたのは一昔前のこと。いまや、そもそもいい人材が業界に入ってきてくれない状況のようです。観光の時代が到来しているにもかかわらず、です。特集「業界の魅力発信できてますか」では、人々の価値観が変化するなか、旅行業界が発信する働き方の魅力が受け手に響くものになっているのか、問いかけました。先週号の災害時の外国人対応もそうですが、「伝える」のでなく「伝わる」ことに意識を置くことの重要性を感じます。

■□■□■□■□ 9月17日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *業界の魅力発信できてますか
  受け手に響くアプローチを

 企業の採用活動の積極化に伴い、近年の就職市場は人材争奪戦の様相を呈している。今後も労働人口の減少で売り手市場が進行すると予想される。そんな状況の下、就職人気が低迷する旅行業界は人材獲得のため何をすべきか。

 ▽旅行業界が直面する試練
 ▽魅力発信の本質
  高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 ▽魅力発信への問題提起
  Theme1 旅行業の魅力を育てられるか
  安部敏樹(リディラバ代表取締役)
  Theme2 アイコン的存在を生み出せるか
  茶谷幸治(ツーリズム・プロデューサー)
  Theme3 情報をいかに受け手に届けるか
  森下晶美(東洋大学国際観光学部教授)

---------------------------------------------------------------------

統計・資料
 *国・地域別訪日外国人客数
 *渡航先別日本人訪問客数

注目のニュース
 観光庁概算要求、2.7倍の740億円
 大型MICE施設、建設相次ぐ
 空飛ぶ車で官民協議会
 日本人出国者、6空港で増

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC

コラム
 *視座 中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
 *観光振興に効くインフルエンサー活用術 柴田啓(ベンチャーリパブリック代表取締役社長兼CEO)
 *ビジネスパーソンの日々雑感 篠塚孝哉(ロコパートナーズ代表取締役社長)
プロダクトNo 1281691986
出版社 トラベルジャーナル
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。