社会思想史研究 定期購読・最新号・バックナンバー

社会思想史研究 定期購読・最新号・バックナンバー

社会思想史研究の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

社会思想史研究雑誌の詳細です。


社会思想史研究の公式サイトへ
本・雑誌 社会思想史研究
本・雑誌内容 われわれは、様々な研究領域において、思想史の社会的性格に関心を持つ者が集まり、社会思想史学会を創設した。社会思想史が学界で市民権をえるようになったのは、国内はもとより国際的にも比較的新しく、社会思想史研究者たちは既成各学問分野から社会思想史を研究してきた。社会思想史という多面的な研究対象への接近にかえって有利であったのだ。反面、それらの多様な接近に意見交流の場が与えられるならば、さらに効果をあげうるであろう。われわれが意図する新しい学会は、このような意味で既成学会の存在を前提とした横断組織としての思想史研究であり、思想史の社会的性格への関心を核としたインターディシプリナリなものである。思想史的関心をお持ちの方々の広範なご参加を期待する。
本・雑誌内容詳細 【論文】
〈都市〉と〈災厄〉をめぐる思想〔2011年の東北大地震とその後の出来事から考える〕 若林幹夫
洪水のあと〔3・11以後のアナーキズムと社会国家〕 前川真行

【公募論文】
カントにおける「統治」の問題〔祖国的な「思考様式」の獲得と実践〕 斎藤拓也
マルクスにおける物象の人格化と所有 佐々木隆治
ハロルド・ラスキの多元的福祉国家論〔平等の希求と主権国家を超えたグローバルな民主主義〕 毛利智
レヴィナスにおける倫理と政治〔プラトンとの対話と「もう一つのアルケー」〕 渡名喜庸哲
規範理論における「現実」の位置づけ〔G・A・コーエンのロールズ批判を手がかりに〕 松元雅和

【書評特集1 ――ヒューム】
ヒューム『政治論集』、『道徳・政治・文学論集[完訳版]』 星野彰男
フォーブズ『ヒュームの哲学的政治学』 佐々木武
坂本達哉『ヒューム 希望の懐疑主義――ある社会科学の誕生』 田中秀夫

【書評特集2 ――ロールズとテイラー】
ロールズ『正義論 改訂版』、『政治哲学史講義I・II』 山田正行
テイラー『自我の源泉――近代的アイデンティティの形成』、『近代――想像された社会の系譜』 中野剛充

【書評】
オーキン『政治思想のなかの女――その西洋的伝統』 安川悦子
岩田靖夫『アリストテレスの政治思想』 稲村一隆
ギールケ『ヨハネス・アルトジウス――自然法的国家論の展開及び法体系学説史研究』 遠藤泰弘
ホッブズ『ホッブズの弁明/異端』 山田園子
井柳美紀『ディドロ 多様性の政治学』 鳴子博子
星野彰男『アダム・スミスの経済理論』 渡辺恵一
青木裕子『アダム・ファーガスンの国家と市民社会――共和主義・愛国心・保守主義』 篠原久
隠岐さや香『科学アカデミーと「有用な科学」――フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』 川島慶子
J・S・ミル『功利主義論集』 赤間道夫
渡辺浩『日本政治思想史――17~19世紀』 森岡邦泰
奈良勝司『明治維新と世界認識体系――幕末の徳川政権 信義と征夷のあいだ』 安田常雄
大久保健晴『近代日本の政治構想とオランダ』 小田川大典
上条勇『ルドルフ・ヒルファディング――帝国主義論から現代資本主義論へ』 恒木健太郎
西角純志『移動する理論――ルカーチの思想』 初見基
若森みどり『カール・ポランニー――市場社会・民主主義・人間の自由』 塚本隆夫
佐藤貴史『フランツ・ローゼンツヴァイク――〈新しい思考〉の誕生』 徳永恂
鈴木信雄『内田義彦論――ひとつの戦後思想史』 安藤隆穂


 第一回社会思想史学会研究奨励賞の公示
 2011年会員新著一覧
 英文抄録/英文目次
 公募論文投稿規定/公募論文審査規定/執筆要領/社会思想史学会研究奨励賞規定
 編集後記
プロダクトNo 1281691598
出版社 藤原書店
発売日 9月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。