ナースのための感染症対策マニュアル 定期購読・最新号・バックナンバー

ナースのための感染症対策マニュアル 定期購読・最新号・バックナンバー

ナースのための感染症対策マニュアルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナースのための感染症対策マニュアル雑誌の詳細です。


ナースのための感染症対策マニュアルの公式サイトへ
本・雑誌 ナースのための感染症対策マニュアル
本・雑誌内容 本書は、今日問題となっている感染症のコントロールを目的として、主に感染症法が扱っている疾患を理解しやすいように編集しました。 初版は2000年、全面改訂版は2004年に刊行し、第3版は2007年の感染症法改正に対応するように、疾患項目を調整しました。本書では、看護学生・看護師の皆さんに知ってほしい国際化時代の感染症の考え方、感染症法に基づく患者把握と届出のポイント、院内感染の予防策などわかりやすく解説されています。
本・雑誌内容詳細 監修:増田剛太(慶応義塾大学医学部講師・東邦大学医学部客員教授)
AB判・216ページ
定価2,940円[本体価格2,800円+税5%]

第1章 いま、なぜ感染症なのか
●今日的な意味における感染症●感染症法の施行●感染症の予防
第2章 感染防止上留意しておきたい症状
●発熱●発疹●咳・痰●下痢

第3章 注目すべき分野別感染症
●性感染症(STD/STI)●動物由来感染症(人獣共通感染症)●日和見感染症●輸入感染症●バイオテロリズム

第4章 感染症マニュアル
●アメーバ赤痢●インフルエンザ●ウイルス性肝炎(A型肝炎/E型肝炎)●ウイルス性肝炎(B型肝炎/C型肝炎/D型肝炎)●ウイルス性下痢症(ノロウイルス/ロタウイルスほか)●ウイルス性出血熱●ウエストナイル熱/ウエストナイル脳炎●A群溶血性レンサ球菌(溶連菌)感染症(猩紅熱を含む)●ATL(成人T細胞白血病)●エキノコックス症(包虫症)●疥癬●寄生虫(蠕虫)感染症●急性灰白髄炎(ポリオ)●狂犬病●クロイツフェルト・ヤコブ病●劇症型溶血性レンサ球菌感染症●結核●口腔内粘膜感染症●後天性免疫不全症候群(エイズ)●コレラ●細菌性食中毒●細菌性赤痢●サルモネラ症●ジフテリア●重症急性呼吸器症候群(SARS)●水痘/帯状疱疹●髄膜炎●多剤耐性緑膿菌感染症●炭疽●腸管出血性大腸菌(O157)感染症●腸チフス/パラチフス●つつが虫病●デング熱●伝染性紅斑●伝染性単核球症●天然痘(痘そう)●トキソプラズマ症●南米出血熱●脳炎●肺炎●梅毒●バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症●百日咳●風疹●ペスト●ボツリヌス症●麻疹●マラリア●メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症●ライム病●流行性角結膜炎(EKC)/急性出血性結膜炎(AHC)●流行性耳下腺炎●レジオネラ症

資料編
●最新「抗菌薬」一覧表●感染症の病原菌と抗菌薬●細菌分類一覧表●主なヒトのウイルスと分類●人体寄生虫の分類群とそれぞれに含まれる主要寄生虫ならびに各分類群の特徴
プロダクトNo 1281687696
出版社 エス・エム・エス
発売日 毎月a日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。