海洋と生物 定期購読・最新号・バックナンバー

海洋と生物の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

海洋と生物雑誌の詳細です。


海洋と生物の公式サイトへ
本・雑誌 海洋と生物
本・雑誌内容 海洋に生息する生物はもちろん,それらをとりまく環境や水産業をはじめ基礎から応用までひろく最新の研究を紹介し,問題提起をおこなう唯一の雑誌です。毎号ひとつのテーマを深く扱う特集と,体系的な解説をおこなう連載の2つの形式でさまざまな興味深いテーマを解説します。
本・雑誌内容詳細 ●特集『東京湾 過去・現在・未来(2)』
 かつて東京湾は富栄養化の象徴のようなものだといわれてきたが,総量規制の結果,栄養塩濃度は低下してきたといわれる。しかし赤潮や貧酸素はいまだに頻発している。それはなぜなのか…!? 本誌では以前1997年に東京湾について特集を組んだが,そのころと比べて現在はどう変わったのか。
 特集第2回目は,干潟の生物多様性,底棲魚介類の資源変動,魚類研究やそのモニタリング結果,そして市民調査や湾とひととの関わりから,東京湾の目指すべき将来像を提案する。
【特集目次】
・東京湾における干潟生物多様性低下の現状(風呂田利夫・多留聖典/東邦大学,尾島智仁/東京港水中生物研究会,馬渡和華/谷津干潟自然観察センター)
・東京湾における底棲魚介類群集および主要種個体群の資源変動(児玉圭太・堀口敏宏/国立環境研究所)
・東京湾内湾の魚類研究の概要と京浜島のモニタリング結果(河野博/東京海洋大学)
・東京湾での海洋生物の市民主体調査(風呂田利夫/東邦大学,黒岩寛/国土交通省,坂本昭夫/海をつくる会,鈴木覚/海辺つくり研究会,馬渡和華/谷津干潟自然観察センター,野長瀬雅樹/行徳野鳥観察舎友の会)
・大学-地域間協働による,持続可能な東京湾のための基盤構築〜江戸前ESD活動からの教訓〜(川辺みどり・河野博/東京海洋大学)
・東京湾の将来像(野村英明/東京大学,風呂田利夫/東邦大学)

● 全国水産試験場長会 会長賞平成30年度受賞業績-1
・マボヤ被嚢軟化症の原因と蔓延防止に関する研究(熊谷明・須藤篤史・伊藤博・田邉徹・縄田暁/宮城県水産技術総合センター,釜石隆・三輪理/水産研究・教育機構増養殖研究所,北村真一/愛媛大学・広瀬裕一/琉球大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【38】安田篤(1868-1924)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【12】サクラマスと生態系の関係
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【20】12の正五角形円石でできた円石藻Braarudosphaera bigelowii
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【37】沖縄県・渡嘉敷島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【14】ヨレモクモドキ
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【41】短尾下目(15)胸孔亜群6 サンゴヤドリガニ上科・サンゴヤドリガニ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【57】ウオノエ亜目(3)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(3)オオグソクムシ属

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
プロダクトNo 1281687395
出版社 生物研究社
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。