月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く! 池原 庸介
WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループ プロジェクトリーダー
WWF「企業の温暖化対策ランキング」次なる展開へ

【特集】ブルーカーボンの可能性
・ブルーカーボンの取り組みの現状と課題、その可能性
海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究領域 沿岸環境研究グループ長 桑江 朝比呂

・海洋資源を活用した温暖化対策プロジェクト「横浜ブルーカーボン」
横浜市 温暖化対策統括本部 プロジェクト推進課長 岡崎 修司

・博多湾でアマモ場づくり…福岡市の取り組み
福岡市 港湾空港局 港湾計画部 みなと環境政策課長 小林 登茂子

・ブルーカーボンをめぐる八千代エンジニヤリングの取り組み
八千代エンジニヤリング 事業開発本部 エコ・エナジーマネジメント室 吉原 哲

・鉄鋼スラグによる“海の森”づくりとブルーカーボンへの展開
日本製鉄 スラグ・セメント事業推進部 主幹 木曽 英滋

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
パリ協定に提出する日本の長期戦略 政府案に対する評価とWWFジャパンの提言
WWFジャパン 専門ディレクター(環境・エネルギー) 小西 雅子

●ESGスピークアウト
ESG評価機関と金融サービス会社の合従連衡が進展 世界的に広がるESGインテグレーションの隆盛
日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト 黒田 一賢

●エコカーの真実…開発の舞台裏
日産・三菱自動車連合がタッグ強化 軽自動車で激しいシェア争い
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 温暖化対策担当者リレーエッセー
ベネッセホールディングス

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
太陽光パネルの大量廃棄時代に備える 廃棄費用の積立制度の議論始まる

●スポーツイベントと持続可能性
東京2020大会を給水スポット拡大の契機に 脱使い捨て、CO2削減、熱中症対策、まちづくりに貢献
水Do!ネットワーク 事務局長 瀬口 亮子

●未来の扉
藻類を使い高機能バイオプラスチック生産 CO2を吸収した藻で、ゼロエミッションのプラ製造実現へ
経済ライター 馬場 隆

●山本隆三の快刀乱麻
ブレグジットによりEU排出枠の価格上昇へ 義務達成のため、市場での枠購入が必要なケースも

●環境&エネルギー金融の舞台裏
SDGsに本腰を入れ出した邦銀 三菱UFJは2030年度までに石炭火力向け融資残高を半減
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
天皇陛下、ライフワークの水問題を世界に発信 即位後も公務の中に据える考えを示される
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の世界の原子力事情
中国で新原発をめぐる動きが活発化 浮動式プラント、原子力船、SMRなどが始動

●庄司太郎のエネルギー温故知新
ドイツ、エネルギー・環境政策でロシアに接近 石炭火力全廃を天然ガス火力で代替、EUの調和に危惧

●石油新時代
石油に呪われた国、ベネズエラ 経済破綻の背景と「石油の富」
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
「持続可能なパーム油のための日本ネットワーク」が発足
日本でカジノリゾートつくるなら世界一サステナブルに ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
日本屈指の透明度を誇る北海道・支笏湖 終末処理場の放流水が示す下水処理の優秀さ
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信
プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。