月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く! 山浦 誉史
H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン CSRコーディネーター
ショッピングバッグを紙製に切り替え有料化

【特集】本格化する海洋プラスチックごみ対策
・待ったなしのプラスチック対策~国内外の動向と展望~
三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部 主席研究員 古木 二郎 主任研究員 新井 理恵

・プラスチック問題と向き合う…神奈川県の取り組み
神奈川県 環境農政局 環境部 資源循環推進課 課長 長谷川 陽一

・使い捨てプラスチック問題と向き合う
静岡市 環境局 ごみ減量推進課 課長 石亀 弘光

・マイカップ持参を推奨し、ストローの一律提供を変更
損害保険ジャパン日本興亜 CSR室 副長 冨樫 朋美

・カネカ生分解性ポリマー「PHBH」の開発
カネカ 新規事業開発部 BDP市場開発グループ 福田 竜司

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
COP24カトヴィツェ会議を振り返って パリ協定のルール合意と1.5℃特別報告書
WWFジャパン 自然保護室次長/気候変動・エネルギープロジェクトリーダー 小西 雅子

●進化する中国~環境・エネルギー編~
2019年の中国“新エネ車”市場に3つの変革 外資系メーカーの合弁企業が続々…市場競争の行方は?
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●エコカーの真実…開発の舞台裏
人気のCESもついにネタ切れ? 市場は「データ期」へ移行
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 温暖化対策担当者リレーエッセー
日本生命保険

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
スーパー銭湯の温暖化対策 省エネ・創エネでエネルギー使用量を大幅削減

●スポーツイベントと持続可能性
東京2020大会と持続可能な木材調達 合法性・持続可能性のリスクを回避し、大会のレガシーに
SUSPON 責任ある調達部会、地球・人間環境フォーラム 坂本 有希

●未来の扉
スギ由来“改質リグニン”から新素材GFRP開発 自動車用部品として実装し、実車走行に成功
経済ライター 馬場 隆

●山本隆三の快刀乱麻
水素で燃料輸出維持を図るオーストラリア 日本にとって水素輸出国との連携がより重要に

●環境&エネルギー金融の舞台裏
金融界が固唾を飲む“日立製作所の攻めと守り” ABB電力システム事業買収と英国原発プロジェクトの進退
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
米フロリダ州、過去10年で最悪の赤潮被害 プランクトンが放出する神経毒は人間の健康にも影響
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の世界の原子力事情
原子力覇権獲得へ地歩かためる中国 東芝“撤退プロジェクト”引き継ぐ意向

●庄司太郎のエネルギー温故知新
シェルとエルステッドの事業構造転換 電力需要の増加を見据え、進む再エネ事業シフト

●石油新時代
再編3年目の国内石油業界 ~ガソリン輸入とIMO規制~
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
グリーンボンドの国際シンポを都内で開催 国際資本市場協会、日本証券業協会が共催
自前主義から真のオープンイノベーションへ ダイキン、東大と「産学協創協定」を締結 ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
寒い季節、日本酒づくりに思いをはせる 洗米後の排水は、凝集剤で沈殿処理が実用的
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。