月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く! 曽我部 正紀
東京電力エナジーパートナー E&G事業本部 産業事業部長代理
国内初!東電の水力プランに第三者機関が“お墨付き”

【特集】グリーンボンド市場を展望する
・グリーンボンドをめぐる国内外の動向と将来展望
高崎経済大学 経済学部 教授 水口 剛

・投資家の後押しで「スマート シティ」の実現めざす
東京都 財務局 主計部 公債課 統括課長代理(計画管理担当) 齊藤 武

・日本の事業会社で初めて個人向けを発行…商船三井の取り組み
商船三井 財務部 財務企画チーム チームリーダー 北代 充司

・国内製造業で初めてグリーンボンドを発行
日立造船

・グリーンボンドで地方創生…北陸グリーンボンドの取り組み
北陸グリーンボンド 取締役 澤田 浩士

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
気候変動対策に欠けている将来世代への視点 世界に広がるスクールストライキが問いかけるものは?
WWFジャパン 専門ディレクター(環境・エネルギー) 小西 雅子

●進化する中国~環境・エネルギー編~
2020年から本格運用の中国「全国統一排出権取引所」 日本の省エネ、エネルギー効率化技術がビジネスチャンスに
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●エコカーの真実…開発の舞台裏
日産「リーフe+」とEVの未来 航続距離は伸びたものの…その先は?
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 温暖化対策担当者リレーエッセー
豊田自動織機

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
九州電力・新大分発電所を訪ねて 最新鋭「LNGコンバインドサイクル発電」に環境貢献への期待

●スポーツイベントと持続可能性
再エネ100%を目指す東京2020大会 全国の自治体に再エネ利用を広げる鍵は?
SUSPON エネルギー部会、グリーン購入ネットワーク(GPN) 深津 学治

●未来の扉
“卒FIT電気”買い取りに欠かせないデータを提供 日本気象協会、再エネ余剰電力予測のコンサル開始
経済ライター 馬場 隆

●山本隆三の快刀乱麻
ドイツ「褐炭・石炭火力全廃」答申の矛盾 低効率発電所が当面使用され、温暖化対策として疑問符も

●環境&エネルギー金融の舞台裏
海外の洋上風力事業を後押し 住商、三井住友銀、政投銀が日本初の投資ファンド
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
数字で見る海外水道事業の再公営化の実態 マスコミ報道とは裏腹に、再公営化率は1%以下
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の世界の原子力事情
トランプ大統領“肝いり”のサウジ原発計画 米議会、核不拡散の観点からプロジェクト参加に懸念

●庄司太郎のエネルギー温故知新
インドシナ4国のエネルギー事情 ベトナムで“第3の製油所”建設が消えたワケ

●石油新時代
サウジ新駐米大使にリーマ王女就任…その意味は 米国との関係改善とロシア協調の深化
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
千葉商大、国内大学で初めて“RE100”達成! 所有太陽光の発電量、キャンパスの消費電力上回る
気候変動対策をサプライチェーン全体に! 環境省、CDPが都内でシンポジウム開催 ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
下水処理の仕組み、大切さを分かりやすく学べる 札幌市・下水道博物館が子供たちや家族連れに人気
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。