snoozer 定期購読・最新号・バックナンバー

snoozer 定期購読・最新号・バックナンバー

snoozerの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

snoozer雑誌の詳細です。


snoozerの公式サイトへ
本・雑誌 snoozer
本・雑誌内容 MAGAZINE FOR GIRLS & BOYS TANGLED UP IN BLUE ―― すべての人々のなかにある「10代」という場所へ、ポップ・ミュージックを、ロックンロールを、洋楽・邦楽の差別なく、独自の視点で届ける音楽誌。
本・雑誌内容詳細 《「snoozer」終刊号》
14年間どうもありがとう。ひとまずスヌーザーは終わります。

【FRONT COVER】
くるり
15年間どうもありがとう。2枚目のベスト・アルバムを出して、2人のくるりは終わります。

【CONTENTS】
SNOOZE IN SNEEZE OUT
010. CLUB SNOOZER 012. TYLER, THE CREATOR 014. HOTEL MEXICO
016. BRIAN ENO 018. CSS 022. UNIT 7TH ANNIVERSARY FEAT. WIRE
024. TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST. 026. RADIOHEAD


164. PRIMAL SCREAM
ボビー・ギレスピーがアシッド・ハウスの大波、そして『スクリーマデリカ』を振り返る


172. 蛇足企画:野田努が田中宗一郎に訊く、スヌーザーの14年


030. JAMES BLAKE
あまりにも独自で特異な作品を生んだ濃密な孤独と過剰な表現欲求、その屈託に迫る

036. THE HORRORS
UKインディ・シーンの信頼と期待が寄せられる3rdアルバム『スカイング』の静かな高揚

040. BON IVER
米国音楽界を軽やかに横断する男が、「ボン・イヴェールというコミュニティ」について語る

044. BLACK LIPS
悪ガキがセレブ・プロデューサーと組んだ新作『アラビア・マウンテン』の出来は、果たして?

058. THE BAWDIES
会心の3rdアルバムに込められた逡巡と、ボゥディーズの原点をROYが初めて語る


048. WU LYF
遂に姿を現した、マンチェスターのカルト集団――その音楽は「ホーム」を探す
052. WASHED OUT
恍惚のまどろみ=チルウェイヴのオリジネーター、デビュー作を上梓
066. ロックブッダ
国府達矢が新たに始動させるプロジェクト、その名もロックブッダ
074. 踊ってばかりの国
『SEBULBA』から時を置かずリリースされるシングルのモード


070. THE MIRRAZ
初のシングル“観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは”は新たなアンセムとなるか

078. ATARI TEENAGE RIOT
カウントダウン・トゥ・ザ・メルトダウン――2011年に「NO!」を突き付け、ATR復活

084. BROTHER
退屈な町から抜け出すため、ブリットポップ前夜を甦らせたビッグマウスの確信犯


106. くるり
2枚目のベスト・アルバムを最後に、僕らは「京都の5人のバンド」になりました


090. DIGITALISM
『デジタル主義』から4年、エレクトロはユニティを取り戻すか
094. BATTLES
改めて訊く、2ndレコーディングの混迷とタイヨンダイ脱退
098. KAISER CHIEFS
バンドの倦怠から生まれた、「リスナーが作る」アルバム
102. TURNTABLE FILMS
〈セカンド・ロイヤル〉のひねくれ京都人バンド
154. THE NAKED AND FAMOUS
ニュージーランドの新星ポップ
156. DAS POP
甘苦く親密になった新作を携え、再びダス・ポップだす
158. MILES KANE
ゲンズブールとTレックスを甦らせる、堂々のソロ完成

160. SKELETONS 162. MONA


124. LETTERS+NEWS+INFORMATION
久保憲司「豪華絢爛シネフィル生活」/ドン・マツオ「賢者のブルース」/
スヌーザー・メディア・ミックス/バックナンバーのお知らせ/「俺リアル」の巣窟

137. RECORDING REVIEWS
150. LIVE REVIEWS

182. SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES ~すべてのブルーにこんがらがったベッドルームのために~
プロダクトNo 1281687380
出版社 リトルモア
発売日 毎偶月18日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。