月刊学習 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊学習 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊学習の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊学習雑誌の詳細です。


月刊学習の公式サイトへ
本・雑誌 月刊学習
本・雑誌内容 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。
本・雑誌内容詳細 特集 4中総決定の討議と実践

「支部が主役」の「特別月間」にしていくために
――田中悠「特別月間」推進本部事務局長に聞く

全党員運動にする努力――地区委員長を訪ねて
党づくりと党勢拡大を一体にすすめて
埼玉・南部地区委員長 須田幾世志
入党の初心に訴え、機関と支部の結びつきを力に
神奈川・北部地区委員長 堀口 望
第41回各級講師資格試験(10月14日)
みんなで参加しましょう
大激動の情勢ひらく強く大きな党をめざして
学習・教育局次長 若林節子
最近の講師資格試験問題から
新連載
入門講座 日本共産党史を学ぶ

第1回 党の歴史を学ぶ意義と戦前の日本社会
学術・文化委員会責任者 土井洋彦

「職場問題学習・交流講座」から学び「特別月間」で目標達成を
組織局 加藤清次
原水爆禁止2018年世界大会の成功を
前進のカギをにぎる世論と運動
平和運動局長 川田忠明

若い世代のなかでの活動

新歓での活動ふまえ、「特別月間」を推進
神奈川県委員会 青年・学生部長 宗形泰夫
障がい者の人権を守り、仕事での信頼関係を大事にして
A地区委員会 職場支部 井川二郎
青年・学生の手記 私と日本共産党

自分の言葉や絵で、9条改憲の恐ろしさを伝えたい
石川県 メガネ
発掘 あの時あの写真

新入党員もともに「月間」に奮闘しよう(1973年)

「赤旗」記者 取材リポート

大学スポーツの歪みと 正す方向示した日大アメフト問題
スポーツ部 勝又秀人
連載・言葉の現場から

暗雲が……
河邑哲也
科学トピックス

アリとなるか、それとも
間宮利夫
プロダクトNo 1281687282
出版社 日本共産党中央委員会
発売日 毎月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。