左官総覧 定期購読・最新号・バックナンバー

左官総覧 定期購読・最新号・バックナンバー

左官総覧の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

左官総覧雑誌の詳細です。


左官総覧の公式サイトへ
本・雑誌 左官総覧
本・雑誌内容 快適な生活を送るための知恵が日本の伝統的な住宅には多く取り入れられてきました。健康、安全、快適さが住空間に求められている現在、こうした日本古来の漆喰や土壁への再評価が起こってきています。また、左官の伝統技術や材料を現代風に発展させ、現在の“住まい方”にあわせた材料も販売されています。左官総覧では、伝統技術を紹介するほか、業界の最新動向や左官関連材料7,000銘柄、100団体・600企業の要覧を満載し、生きた情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 〈巻頭企画〉素材の力を活かす左官の技とデザイン

●特集-1 デザインと素材に込める想い―設計士の作品に見る新しい左官の魅力

・三幸学園沖縄校(株式会社照井康穂建築設計事務所)
・もりのいえ/Shell House(遠野未来建築事務所 遠野未来)
・代沢のペントハウス(株式会社堀川秀夫造形建築研究所)
・福田家(設計工房 楽 GAKU)
・M先生の家(有限会社SOY source建築設計事務所)
・田中邸新築工事・旧加藤家改修工事(一級建築士事務所 ゆまにてく)


●特集-2 左官の技と材料が魅せる施工実例

・高知県立高知城歴史博物館(田中石灰工業株式会社)
・料亭倶楽部 喜楽(有限会社 井上工業)
・福岡県・個人邸(田川産業株式会社)
・M邸新築工事(太平建材株式会社)
・REVANTO(四国化成工業株式会社)
・サンシティ立川昭和記念公園(ヤブ原産業株式会社)
・目黒セントラルスクエア オブジェ(吉村興業株式会社)
・おかげ横丁のにぎわい(編集部)


●特集-3 左官施工現場・最前線

・前橋市・臨江閣別館「平成の大修理」が竣工
 /元請:竹中・吉田共同企業体、設計:特定非営利活動法人景観建築研究機構、左官工事:㈱あじま左官工芸

・赤と青のスタッコ壁で大空間をまるごと包み込む
 ~太田市民会館

・S造2階建・漆喰調の日本初“公園内保育園”が完成
 ~メディアムの「スーパーパウダー大壁工法」を採用

・カルチェラサータで幼稚園エントランスに名物桜並木を表現
 ~愛知県丹羽郡大口町立北保育園
 /左官吉田 吉田一正

・コテ仕上げの質感と素材感で差別化を図る
 ~群馬セキスイハイム新規店舗に『ガイナ』を採用

・濃紺の塗り壁と光が演出する静謐な空間
 ~日本酒バー ○(目黒区)
 / 設計:㈲DESIGN LABEL KNOT、内装工事:クロジカ ノーム㈱、左官施工:吉村興業㈱

・左官仕上げの魅力を散りばめた外構
 ~平山真也さんが左官施工 N邸外構工事(鳥取市)

・「サザエハウス」における漆喰の仕事
 ~奥能登国際芸術祭2017より
 /造形作家 村尾かずこ

・葛飾・柴又帝釈天「瑞龍のマツ」支柱の擬木
 ~現代の匠・大久保雅一さんが施工

・西澤工業㈱本社塀に版築仕上げと龍の鏝絵
 ~南雲賢一さんが制作中(群馬県高崎市)

・鏝絵の道を求めて
 /有限会社長坂工業 鏝絵師 加賀美二朗さん

・〈インタビュー〉技を磨き、想いを乗せることが大切
 /左官株式会社 代表 久住有生さんに聞く

・〈インタビュー〉日本式の左官技術を伝える確かな第一歩にしたい
 /ものつくり大学 非常勤講師 西村眞一氏に聞く

・村樫石灰工業が塩焼焼成炉を再建!
 ~創業来伝統の漆喰用消石灰を安定供給
 /編集部


●各種資料
○著名左官材データシート
○市販左官商品一覧
 ・内外壁用仕上塗材
 ・下地調整材・モルタル混和材
 ・塗り床材
 ・左官用定木
 ・機械・鏝取扱企業
○左官関連企業・団体要覧
 ・団体要覧
 ・企業要覧(製造)
 ・企業要覧(販売・工事)
○伝統の左官技術
 土蔵塗り・しっくい彫刻・屋根しっくい・なまこ壁・建築と装飾・
 じゃ腹引き・大津みがき・セメント彫刻・擬木と擬板・土佐漆喰・土塀
○左官鏝あれこれ

●索引
 ・著名左官資材データシート索引
 ・団体要覧索引
 ・企業要覧(製造)索引
 ・企業要覧(販売・工事)索引
 ・商品名索引
 ・広告索引
 ・優良左官関連企業広告索引
プロダクトNo 1281683698
出版社 工文社
発売日 6月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。