臨床と微生物 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床と微生物の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床と微生物雑誌の詳細です。


臨床と微生物の公式サイトへ
本・雑誌 臨床と微生物
本・雑誌内容 本誌は、臨床微生物および感染症の専門誌として1974年に創刊され、感染症・微生物研究者、実地医家、保健所・衛生研究関係者、臨床検査技師、獣医学者と、幅広い皆様にご購読いただいております。SARSやインフルエンザをはじめとする感染症の猛威に対処するため、up to dateな情報満載の本誌をぜひご購読ください。
本・雑誌内容詳細 はじめに/牛島廣治(東京大学名誉教授)
抗ウイルス薬の開発の歴史/馬場昌範(鹿児島大学難治ウイルス病態制御研究センター)
抗ウイルス薬の作用機序/山下 誠(東京大学医科学研究所ウイルス感染分野)
抗ウイルス薬の将来展望/児玉栄一(東北大学災害科学国際研究所)
イムノコンプロマイズドホストの治療/吉田美智子(国立成育医療研究センター感染症科)
疾患別の抗ウイルス薬
 抗ヘルペスウイルス薬
  単純ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルス/錫谷達夫(福島県立医科大学医学部微生物学)
  サイトメガロウイルス、EBウイルス/佐藤好隆(名古屋大学大学院医学系研究科ウイルス学)
 抗インフルエンザ薬/齋藤玲子(新潟大学大学院医歯学総合研究科国際保健学)
 抗HIV薬/塚田訓久(国立国際医療研究センター)
 抗肝炎ウイルス薬
  B型肝炎ウイルス/池内和彦(東京大学医学部附属病院感染症内科)
  C型肝炎ウイルス/池田正徳(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
 アルボウイルス感染症(特に重症熱性血小板減少症候群)に対する特異的治療法/西條政幸(国立感染症研究所ウイルス1部)
 抗パラミクソウイルス薬(RSV、麻疹ウイルス・SSPE)/中津祐一郎(国立感染症研究所ウイルス3部)
 抗パピローマウイルス薬、抗HTLV薬/笹川寿之(金沢医科大学病院産婦人科)
プロダクトNo 1281683376
出版社 近代出版
発売日 1,3,5,7,9,10,11月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。