Coronary Intervention(コロナリーインターベンション) 定期購読・最新号・バックナンバー

Coronary Intervention(コロナリーインターベンション) 定期購読・最新号・バックナンバー

Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)雑誌の詳細です。


Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)の公式サイトへ
本・雑誌 Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)
本・雑誌内容 インターベンション治療に関わる医療従事者なら,ぜひとも知っておきたい情報が満載。フルカラーで大きく配置した写真が,理論,テクニックの理解を助けます。その他,国内外の学会情報や海外のカテラボ紹介など,内容盛りだくさんでお届けします。
本・雑誌内容詳細 各種診断ツールをperipheral interventionに活かす

Over View
・・・京都大学医学部附属病院循環器内科 田崎淳一/木村 剛
1. CT/MRIをperipheral interventionに活かす
・・・京都大学医学部附属病院循環器内科 田崎淳一
2.体表エコーガイドEVTの有効性について
・・・済生会横浜市東部病院循環器内科 毛利晋輔/平野敬典
3.IVUS preceding technique
・・・大阪急性期・総合医療センター心臓内科 岩崎祐介
4.IVUSをperipheral interventionに活かす
・・・兵庫医科大学循環器内科・冠疾患内科 三木孝次郎
5.OCT/OFDIをperipheral interventionに活かす
・・・大阪府済生会中津病院循環器内科 上月 周 他
6.プレッシャーワイヤーをRenal interventionに活かす
・・・岸和田徳洲会病院循環器内科 藤原昌彦
7.VFRをperipheral interventionに活かす
・・・森之宮病院循環器内科 福永匡史
8.病理所見をperipheral interventionに活かす:BMS
・・・大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 白記達也 他
9.病理所見をperipheral interventionに活かす:DES
・・・兵庫県立尼崎総合医療センター循環器内科 今井逸雄
10.病理所見をperipheral interventionに活かす:ステントグラフト
・・・関西労災病院循環器内科 辻村卓也/飯田 修


GUIDEZILLA Ⅱ CASE REPORT 01
ベンチテストから考察するGuidezillaⅡの有用性
・・・琉球大学大学院医学研究科循環器・腎臓・神経内科学 呉屋 薫先生/岩淵成志先生


Future Vision~カテ室探訪~
工夫と環境整備で増加するニーズに応える
大阪市立十三市民病院循環器内科 部長 小松龍士先生


Report
疑似血管モデルを用いた冠動脈びまん性石灰化屈曲病変におけるステント通過性の検討
・・・琉球大学医学部付属病院第三内科 伊集広城先生/岩淵成志先生


SYNERGYTMステント 短期DAPTの可能性
SENIOR trial サブ解析からの考察 ~BMSは絶滅か~
・・・天理よろづ相談所病院循環器内科 中川義久先生


PCR Tokyo Valvas 2018 TNT Session
リスクスコアを超えて:TAVIはAS治療の第1選択になり得るか?


Silicon Valley発 次世代New Deviceレポート
シリコンバレー流 産学協同
第五十九章:バイオデザイン的医療機器開発
Chapter 19:コンセプトの調査とテスト(プロトタイピング)
・・・バイオデザイン協会 大森初夏
・・・Stanford University 池野文昭
プロダクトNo 1281683355
出版社 メディアルファ
発売日 毎奇月31日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。