リサイクル通信 定期購読・最新号・バックナンバー

リサイクル通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リサイクル通信雑誌の詳細です。


リサイクル通信の公式サイトへ
本・雑誌 リサイクル通信
本・雑誌内容 中古商品の調達方法や各商材の適正粗利益。ベンチマークするべき企業や、再販のリスクとその回避方法など、リサイクル・リユース事業を行う上で欠かせない情報をわかりやすくお届けします。総合リサイクルショップ、業務用機器、ブランド品、メディアなどあらゆるカテゴリをカバー。新しい商材のブームも予測します。業界のリーディングカンパニー社長も毎号登場し、成功の秘訣を本紙だけに明かします。★全国古物市場一覧も毎号掲載。新設市場も追加更新★
本・雑誌内容詳細 2019年7月10日号の主な内容


■ニュース

中国質店向けに真贋判定AI 現地企業と提携
個人が古美術品を適正価格で売買できる入札会 加島美術
不良在庫や市場残物を買取 GRACE
コインランドリーに撮影ブース メルカリと実証実験
中古ブランド品売買のretro オークション出品代行に注力
賃貸契約者に引越し買取を紹介 トレジャー・ファクトリー
工具買取王国の売上倍に 前期2.7億円
子供服シェア正式版リリース 衣料大手のアダストリア
PayPayフリマ ヤフーが秋に開始
建材フリマアプリが始動 部材余りと少量購入つなぐ
中古ダイビング機器に特化 DEEES
香港一の繁華街でブランド買取開始 SOU
リメイク色石ブランド展開 コメ兵
サンセットコーポレイション 民事再生法を適用甲請
中古計測機器売買サイト 出品数1000点突破
日本PCサービス 移転で修理依頼増に対応
リユース店のティファナ 法人買取強化
中国ECタオバオ ブランドオフと共同イベント
大阪で「リユースサミット」開催 越境熱高まる
在庫検索アプリ開発 シーエスアーキテクト


■トピックス

中古店の「新古品」活用広がる
新古事業者と売買で連携

メーカーや新品小売り等の滞留在庫品を流通させる新古品事業者を活用するリユース企業が増えている。一方、新品事業者においても二次流通市場を通じて有効活用しようという動きが広がっている。従来はブランド価値の棄損を恐れ、廃棄処分に回していたが、企業に対してサステナビリティが問われる中で風向きが変わりつつある。


■トップインタビュー

クラス 久保裕丈社長
利用者1000人の家具サブスクを運営

家具を中心としたサブスクリプションサービスとして、昨年8月に産声を上げた「CLAS」。同サービスを手掛けるクラス(東京都目黒区)では、自社で製品を企画・生産するなど、競合と一線を画している。営業部署を持たずに、個人の口コミや法人からの引き合いで取引の数を集めている。久保裕丈社長にCLASへの思いや今後の展開を聞いた。


■コーナー

◎聞きこみ
フィリピン輸出に注意
未払いトラブルが増加

◎Bバイヤー道
エブリデイゴールドラッシュ宮原店・早川店長
「同調接客で不振店もV字回復」

◎注目の取り組み
ミスターミニッツとネスレがコラボ
「シンデレラカフェで靴磨き」

◎シェアでいこう
・ブッタスク/僧侶マッチング
・SHARE-BOSS/優秀な人材情報シェアサイト

◎SNSに何書く?
WORM YOKYO(東京都渋谷区)
「インスタ1日10~20件投稿」

◎時流を読む
カードショップトレジャー(東京都中野区)
「年号変わり目商品が人気」

◎SNS活用
RIYUCO(東京都板橋区)
「制服リユースの認知&入荷情報発信」

◎全国ダーツの旅・東京都
・メルカリで偽宝石買った相談者
 鑑定きっかけに情報発信強化…リカラット
・東大医学部へのスポットレンタル
 学園祭の来場者投票人気No.1に…CSE

◎VOICE
テーマは「人生を変えた言葉」
・頼まれごとは試されごと/リユース倉庫
・出る杭は打たれるが、
 出すぎた杭は打たれない/某コンサルティング会社

■連載

◎越境EC スタートアップ講座
売れ筋はコレだ(中古ブランド編)
「トップ3ブランドの売れ筋商品は?」

◎実践マーケティング講座
モノからコトへのシフト②
「感情が動いた出来事を棚卸しする」

◎交友録
質ショップ モリヤマ→俵屋質店
「祖父達は大連(中国)の質屋の同僚」


プロダクトNo 1281682973
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 毎月10,25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。