CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)雑誌の詳細です。


CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の公式サイトへ
本・雑誌 CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)
本・雑誌内容 サイクルスポーツは、自転車とサイクリングとを総合的に扱うナンバーワンの専門誌です。1970年4月の創刊から一貫して、自転車を使った遊びの世界に着目してきました。レースレポートをはじめ、ツーリングコースガイド、世界の冒険旅行記、メンテナンス解説や科学的トレーニング記事、そして世界のブランドを掲載した新製品情報など、これからも幅広いジャンルをカバーしていきます。
本・雑誌内容詳細 【付録】
別冊付録
走りの楽しさを広げる注目アイテム!
シートバック徹底活用BOOK
ロングライドやツーリング派のみならず、サイクリストの間で注目されている新アイテムが「シートバッグ」。一般的なサドルバッグよりも容量が大きなこのバッグは、ライドの行動半径や楽しみ方を変えてくれる。そんな人気急上昇アイテムの活用術を徹底紹介。ロングライド、通勤、キャンプツーリングまでの幅広い活用ノウハウ、 主要ブランド、人気モデルの紹介・インプレなど、今知りたいシートバッグのあれこれを満載!

特別付録
Planet Podium Vol.7 TIME/FSA/Vision2019
ロードバイカー垂涎のブランド「タイム」、人気急上昇のコンポブランド「FSA」&「ヴィジョン」のすべてが分かるタブロイド。タイムの究極ヒルクライムモデル「アルプデュエズ」を改めて解剖。その凄さに迫る記事は必読だ!


【特集】 大特集1
ここまで走れたら何も怖くない!
200km超えの技術
サイクリストにとって距離を重ねることは永遠の憧れ。その一つの目安となる数字といえば200km。この距離を無理なく走る切ることができれば、どんなイベントにも安心して参加できるし、どこでも自由に走りに行ける。いわばサイクリストにとって“翼”となる距離であり、真のロードサイクリストとして周囲から認めてもらえる距離でもある。しかしこの翼を手に入れるには、経験やノウハウが必要なのも事実。そこで今号では“RAAM”(Race Across America)と呼ばれる4000km超のアメリカ横断個人TTに挑んだ鈴木裕和さんを始めとする、長距離ライドの達人たちが“笑顔で200kmを走り切る”ためのヒントを伝授する。これを読めば長距離ライドへの不安は吹き飛ぶはずだ。


大特集2
自転車のプロたちが厳選
教えます! 安くていいもの
上を見れば100万円を超えるロードバイクがずらり。“こんなの高くて買えないね! ”なんて嘆くロードバイカーも多い昨今。しかし、その一方で性能の底上げも顕著で、手頃な価格で昔では考えられない性能が手に入る時代にもなった。そんな“安くていいもの”を、人気ショップへのアンケートを元に厳選・紹介。単なる流行や価格だけに踊らされない“賢いサイクリスト”になるための処方箋!
 
【その他の企画】
次世代エンデュランスモデル続々登場!
2019ニューモデル徹底解剖part2
2019モデルの速報第二弾。ジャイアント新型ディファイの海外試乗、ラピエール・新型ゼリウスSLアルティメット試乗、国際見本市ユーロバイクのレポートなどを紹介。最新ロードバイクトレンドを探る。


体の内側から強くなる
鍛えよ〝内蔵力〟
どんなに高い負荷のパワートレーニングをしても、体に栄養を供給する源となる内臓器官が強靭かつ正常でなければ、最高のパフォーマンスを発揮することができない。ライド中に内臓類を正しく機能させるためのノウハウ、効率的な補給の仕方を専門家の意見を元に詳しく紹介する。


人気連載企画
自転車道
自転車ケーブルの秘密に迫る
ロードバイカーの間で人気急上昇のワイヤメーカー、日泉ケーブルを訪問。その製造工程を見学。ワイヤの基礎知識や求められる性能を伺った。1本の細いワイヤには、日本のものづくりの細やかさが詰め込まれていた。ライター安井、編集長・吉本もその凄さに感激!


21日間の激闘と最新機材を紹介
2018 Tour de France
C・フルームのアシストして参加したチームスカイのG・トーマスが初のマイヨ・ジョーヌを獲得するまでの勝負の行方、今年のツールを走った最新機材の模様をレポートする。
プロダクトNo 1281682709
出版社 八重洲出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。