月刊中国情勢 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊中国情勢の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊中国情勢雑誌の詳細です。


月刊中国情勢の公式サイトへ
本・雑誌 月刊中国情勢
本・雑誌内容 中国の政治、外交動向に関する文献情報で、党・政府指導者の発言や演説、党・政府機関の公文書や各国との外交文書、人民日報などの社説や論文をまとめたものや月間の出来事の日誌も掲載。
本・雑誌内容詳細 時のうごき―――――――――――――――――――――――
習近平氏、全国宣伝思想工作会議で重要演説
中央全面国家法治委第1回会議開く 習近平主任、党の集中統一指導強調
陳希氏、北戴河で休暇中の専門家と会う 愛国奮闘の精神強調
周長奎氏、中国障害者連合会党組書記に
杜航偉氏、公安次官に
楊鑫氏、新疆党規律検査委書記に
重慶市公安局政治部主任に重大規律・法律違反の疑い 検査と調査受ける

軍事ニュース―――――――――――――――――――――――
習近平氏、軍の党の指導と党建設の強化強調
第1次知的財産権軍民融合試行の13省・市を確定
中国陸軍デジタル化部隊、全域作戦能力備える
新疆軍区某師団防空部隊、昼夜兼行の実弾演習実施
「陸戦の鉄拳」を築く 「新型合成歩兵大隊」転換記
海軍が東中国海海域で潜水艦救難訓練
国産1万㌧級大型駆逐艦055、初の洋上試験
黄海北部で軍事演習、9月7日まで 中国海事局
中国軍、ロシア「ボストーク2018」戦略演習参加
訪ロの李作成参謀長、上海協力機構関連行事に出席
インド首相、魏鳳和国務委員兼国防相と会見 両軍の交流・協力強化強調
中越の軍医療隊、国境地帯で合同診療奉仕
米国の国防権限法案署名で中国国防省が談話
米の「中国軍事・安全保障動向報告書」に断固反対 中国国防省
李作成統合参謀長の訪ロで記者の質問に答える 中国国防省
国防省会見(8月30日)

法制の窓―――――――――――――――――――――――
深圳佳士労働者「権利擁護」事件の背後 新華社報道
不適切書き込みで党籍はく奪・退学処分 アモイ大学「田佳良事件」
bilibiliなど27サイトを取締 文化・観光省
中国、海外逃亡犯に自首呼びかけ
欠席裁判の適用範囲拡大案を審議 全人代常務委
最高人民法院、国際商事専門家委員会設立
9月1日から慈善組織情報公開弁法実施 資金の透明性義務付け
中国海警艦艇編隊 釣魚島領海パトロール

中国~日本――――――――――――――――――――――――
中日大学生交流大会で祝賀メッセージ 李・安倍両首相
北京大で中日大学生千人交流大会開催
林文科相、北京外語大日本学センター訪問
韓正氏、麻生副首相兼財務相と会見 企業の対中投資拡大歓迎
王岐山氏 日本自民党代表団と会見
王岐山氏、日中協会代表団と会見 関係改善の動き維持強調
王毅氏、河野外相と会見 実務協力の強化希望
王毅国務委員、二階俊博自民党幹事長と会見
中日の専門家、平和友好条約の精神について討議
北京で抗日・反ファシズム戦争勝利73周年座談会
南京で抗日戦争勝利73周年記念国際平和集会開く
南京大虐殺生存者、今年14人死去 存命100人足らずに
雲南省、民国期の「雲南軍」遺物を内外から初収集
「最後の元慰安婦」を訪ねる 新華社ルポ
上海で172カ所の「慰安所」発見 中国の学者が新著
歴史が教える未来 瀋陽、北京、上海、南京、「8・15」への思い
歴史を忘れないのはよりよい未来を開くため 人民日報8・15で論評
中国外務省の記者会見・コメント(日本関連)

対外関係―――――――――――――――――――――――――
FOCAC北京サミット開幕式での習主席の基調演説全文
習氏、中国アフリカ首脳・ビジネス対話で基調講演
習近平氏のFOCAC北京サミット閉幕後記者会見でのスピーチ全文
習主席夫妻、FOCAC北京サミット出席首脳を歓迎
彭麗媛夫人、中国アフリカ・エイズ予防会議に出席
北京宣言と行動計画採択 FOCAC北京サミット円卓会議
FOCACサミットの北京宣言全文
習近平氏、青年の「一帯一路」積極参加希望 エチオピア学生らの手紙に返信
対中協力は中国アフリカ協力の手本 エチオピア大統領

―――――――――――――――――――――――――――――――
人民元為替レートの推移(2018年08月)
◇◆2020年までに鉄鋼生産能力を2億㌧以下に抑制 河北省◆◇
プロダクトNo 1281682633
出版社 中国通信社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。