似水年華~歳月、水のごとく 定期購読・最新号・バックナンバー

似水年華~歳月、水のごとく 定期購読・最新号・バックナンバー

似水年華~歳月、水のごとくの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

似水年華~歳月、水のごとく雑誌の詳細です。


似水年華~歳月、水のごとくの公式サイトへ
本・雑誌 似水年華~歳月、水のごとく
本・雑誌内容 美しい鳥領と台北という対照的な町を舞台とした「似水年華~歳月水のごとく」物語は、朝霞がたちこめる鳥領の水路から始まる。一般の無人の小船が音もなく水面を滑っていく。あたかも言葉にならぬ物語を運んでいるかのように。町の名は、鳥領、歴史ある立志書院は、今は古籍の図書館になっている。文と斉おじさんは、鳥領の歴史ある書院で共に蔵書の修復をしている。太陽が昇り書院の大門が開かれると、いつも通りの静かな日常が始まるのだった。そんなある日、町に台湾から有名なファッションデザイナー英が率いる撮影チームがやってきた。書院の庭はスタッフの休憩所となり、にわかに活気付く。書院の古いたたずまいに深い感動を覚える英。翌朝、一人で書院を訪れた英が書棚から本を引き抜くと、向こう側に文が立っていた。その瞬間、まるで時が止まったかのように2人は見つめあう。追憶の愛がここから始まるのだ。
本・雑誌内容詳細 似水年華 第23話あらすじ

酒屋で酔っ払っている文と英。しかし酔うほどに頭が冴えてくることを実感していた。書院に戻った文と英は、冷静に今まで自分たちの間に起きた出来事を思い出していく。そしてついに夜明けを迎える。
同じ夜、上海で表彰式を終えた黙黙は突然、勁に向かい「どうしても烏鎮に帰る」と言いだす。勁は翌日にビジネスの話が控えていたのだが、何も言わず帰ることを決意する。勁には黙黙が急に大人びて見えていた。妹には大人としてそれなりの理由があるのだと悟った兄の優しさがそこにはあった。しかし、黙黙を乗せ夜通し走り続けた勁の車は途中で故障してしまう。
早朝、雨の中を文はバス停まで英を送っていった。バス停に着く頃にはいつしか雨はやんでいた。バスを待つ間、文はバス停にまつわる話をする。いつもは誰かに見送ってもらうばかりで、人を見送るのは初めてということ、初めて見送る人が思いがけず英だったこと、またバスはいつも遅れてくることを。するとバスは無情にも定刻どおりにやってきた。その瞬間、雷鳴がとどろき再び雨が降り出す。文と英は残された時間を惜しみ見つめ合う…

豪華3大キャスト
登場人物インタビュー付き!
黄磊 朱旭 劉若英
プロダクトNo 1281682630
出版社 日中通信社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。