化学療法の領域 定期購読・最新号・バックナンバー

化学療法の領域 定期購読・最新号・バックナンバー

化学療法の領域の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

化学療法の領域雑誌の詳細です。


化学療法の領域の公式サイトへ
本・雑誌 化学療法の領域
本・雑誌内容 感染症の分野を中心に、抗生物質および化学療法剤の最新の学術情報を提供する。高い学術性を持ち、しかも、臨床・研究現場ですぐに役立つ実際性を標榜する。
本・雑誌内容詳細 ◆グラフィック連載
エイズに見られる感染症と悪性腫瘍(7)
イソスポーラ症
錦 信吾

◆巻頭言
新しい「化学療法の時代」
平松啓一

◆特集 市中感染型MRSAの動向と対処法
[企画・広島大学 院内感染症プロジェクト研究センター/広島大学大学院医歯薬保健学研究院基礎生命科学部門細菌学教室 教授 菅井 基行]
序 -嵐の前の静けさの予感-
菅井基行

1.市中感染型MRSA株の細菌学的な特徴と病原性 -HA-MRSAとCA-MRSAの比較-
久恒順三・菅井基行

2.市中感染型MRSAの病原性 -PVLの毒性とファージ-
金子 淳・神尾好是

3.市中感染型MRSAの分子疫学
山口哲央

4.ST8/non-USA300株による全身播種性市中感染型MRSA感染症の1例
萩谷英大・久恒順三・森本直樹・大塚文男・菅井基行

5.市中感染型MRSAによる肺膿瘍から胸壁膿瘍,腸腰筋膿瘍へ悪化した1症例
星 進悦・毛利 孝・那須元一・安藤隆子・及川真由美

6.市中感染型MRSAによる腸腰筋腫瘍
前田 正

7.市中感染型MRSAにより生じた化膿性脊椎炎の1例
志水元洋・村田昌之・光本富士子・迎 はる・小川栄一
豊田一弘・岡田享子・貝沼茂三郎・江藤義隆・古庄憲浩
林 純

8.市中感染型MRSA感染症の治療
渡辺晋一

◆連 載
・私達の研究(134)
ヘリコバクター・ピロリの病原因子と分子疫学に関する研究
山岡吉生

・関節リウマチ治療中に問題となる感染症(12)
10.蜂窩織炎,壊死性筋膜炎
細川直登

・エッセイ(292)
わが国で知られていないジェンナーのプロフィール
山内一也

・化学療法剤および抗生物質に関する文献紹介(99)
感染性心内膜炎治療のための経口抗菌薬療法:システマティックレビュー
カナダにおける急性細菌性副鼻腔炎のガイドライン:臨床サマリー
乳幼児と子どもの尿路感染症の診断における,定量可能なC反応性タンパク,赤沈,白血球数の正確さ
母子におけるマクロライドの使用と乳児肥厚性幽門狭窄症のリスク:全国的なコホート研究
疼痛緩和ケアにおける抗菌薬適正管理 -ホスピス入院患者のための抗菌薬処方ガイドラインの作成-
スウェーデン療養所入所者の尿病原体の抗菌薬耐性はいまだ低い:2003~2012年までの抗菌薬耐性を比較した断面的調査
肥満患者における肥満手術の際の抗菌薬予防:システマティックレビュー
木村利美

◆資 料
抗癌剤略号早見表
抗癌剤併用療法略号早見表
抗菌薬略号早見表
◆バックナンバー
◆6月号予告
~お知らせ~ 今月号の連載「私の感染症研究を振り返って」は休載いたします。
◆投稿規定
プロダクトNo 1281682620
出版社 医薬ジャーナル社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。