WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー) 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)雑誌の詳細です。


WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の公式サイトへ
本・雑誌 WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)
本・雑誌内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
本・雑誌内容詳細 2月6日発売の「WWDビューティ」は、「第3回 WWDビューティ ヘアデザイナーズ コンテスト」の詳細をリポートします。同コンテストは2017年9月に「WWDビューティ」が創刊10周年を迎えたことを記念にスタートしたフォトコンテスト。全国の美容師を対象に、モデルを起用したヘアデザイン作品を募集し、グランプリを決定。グランプリ・準グランプリ受賞者がヘアメイクを手掛けたモデルシューティングは必見です。ニュース面では敏感肌ケアに対する需要の高まりから拡大する、機能性化粧品の国内市場について解説します。

「WWDビューティ ヘアデザイナーズ コンテスト」最大の特徴は、審査基準がヘアデザインだけでなく、メイクやファッションも含めた“トータルバランス”であること。今回のテーマは「19-20年のコレクション(NY、ロンドン、ミラノ、パリ)におけるファッションやビューティのトレンドを意識した作品」でした。そのテーマをもとに、4人の審査員がグランプリと準グランプリを選出し、コメントを寄せています。

また、“ビューティ×ファッション”のコンセプトを表現するため、カルチャーショップ「ビームス(BEAMS)」と、ファッションブランド「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」のキーパーソンがそれぞれアワードを選出。ウェブを通した一般投票で最も得票数の多かった作品、審査員が選んだ優秀作品40点にも注目です。

ニュース面では機能性化粧品のほか、ビューティ業界にも影響が押し寄せている、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルス(新型肺炎)における各社の取り組みや小売店の対応をリポート。オルビスのメンズコスメライン「ミスター(Mr.)」から登場する“サイレントメイク”を叶かなえる4アイテム、米国の女性向けボディーケア・シェービングブランド「ビリー(BILLIE)」を買収したP&Gを紹介しています。

そのほか、マツモトキヨシホールディングスとココカラファインによる経営統合の合意、「シスレー(SISLEY)」のブラックローズシリーズから3年ぶりに登場する新製品、プロフェッショナルヘアメーカー3社が美容ディーラーに向けて発表した20年の事業戦略、「スチームクリーム(STEAMCREAM)」から登場するクレンジングバーム、西日本に初の直営店をオープンする「ボタニスト(BOTANIST)」などを掲載しています。
プロダクトNo 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 第1木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。