会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Zの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

会社法務A2Z雑誌の詳細です。


会社法務A2Zの公式サイトへ
本・雑誌 会社法務A2Z
本・雑誌内容 企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。
本・雑誌内容詳細 ■□                             □■□
■□     『会社法務A2Z』2018年8月号 CONTENTS     □■
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

┏┓  経営法談 management & law
┗┛────────────────────────────◆・◆
  
    IT技術、AI技術化の時代における
知的財産権の管理と留意点
    /弁護士 飯村敏明 

■ ┐+─────────────────────────────+
└■<特集>
    
    表示規制の最新動向 

  ────────────────────────────◆・◆  

 ・ 広告・表示に関する法規制の全体像
   /弁護士 森山裕紀子 

 ・ 最近の景表法違反事例の傾向と企業実務上の留意点
   /弁護士 植村幸也

 ・ 近時の食品偽装・誤表示の傾向と予防策
   /弁護士 大東泰雄、弁護士 山田 瞳

  ------------------------------------------------------------------

<Zoom Up!―特別解説―>
   サイバー攻撃のリスクを回避!
   経済産業省「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」
   改訂のポイントとコンプライアンス上の留意点
   /弁護士 橘 大地

<時事解説>
   会社法改正の動向
   ~「中間試案」を踏まえた企業実務上のポイント
   /弁護士 沖 隆一

<判例解説>
  プロジェクトマネジメントの義務
   ~旭川医科大学事件控訴審判決の概要と企業実務への影響
   /弁護士 影島広泰

 +・+・+─────────────────────────+・+・+
┏┓ 連載
┗┛────────────────────────────◆・◆

 ■ 知らなかったでは済まされない!!
諸外国のカルテル規制
/弁護士  鈴木道夫
弁護士  松浦啓智
(7)インドネシア
  
 □ 実務に役立つヘルスケア関連法務
/弁護士・ニューヨーク州弁護士 浦岡 洋
(7)医薬品・医療機器企業とM&A
  
 ■ 山本孝夫の英文契約入門ゼミナール
/明治大学法学部元専任教授 山本孝夫 
(7)Aから始まる契約用語 最終回/ Bから始まる契約用語 ①
  
 □ 中国ビジネス 現場で役立つ 実務Q&A
/公認内部監査人 奥北秀嗣
(74) 労働契約未締結従業員の解雇
  
 ■ 会社労務 ありがち事件簿・霊界編
   ~もし「あの世」にも労働法があったら~
/法律・裁判ライター 長嶺超輝
(25) 名ばかり管理職
  
 □ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!
/弁護士 畑中鐵丸・ 弁護士 野間口太朗
(113)海外独禁法の恐怖③
     「なぬ!? アメリカでトラブルだと!?」
  
 ■ 危ない「グレーゾーン」 過去事例から学ぶ税務訴訟
/中央大学商学部教授・アコード租税総合研究所所長 酒井克彦
(99)会社創業記念行事に要した費用の交際費等該当性
  
 □ 「司法の小窓」から見た法と社会
/中央大学大学院法務研究科教授・弁護士 加藤新太郎
(130)教室内外でのジョーク 

┏┓ 会社法務ディレクトリ
┗┛────────────────────────────◆・◆
 ■ 最近の公表資料から Search & Link ■
 ■ 新商品紹介  今月のおすすめ実務書・関連商品 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281682157
出版社 第一法規
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。