創(つくる) 定期購読・最新号・バックナンバー

創(つくる)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

創(つくる)雑誌の詳細です。


創(つくる)の公式サイトへ
本・雑誌 創(つくる)
本・雑誌内容 雑誌ジャーナリズムはいま、総体として危機に瀕しているような気がする。総合誌と呼ばれる雑誌は、この間次々と廃刊の憂き目にあっている。映像メディアが影響力を増大させているのと反比例して、雑誌メディアはジャーナリズムのなかでレゾンデートルを失いつつあるように見える。画一的な情報洪水のなかで排除されてしまう異論や少数意見を積極的に取り上げてきたのが『創』である。例えば大手マスコミが連日押しかけ、テレビ局がヘリコプターを飛ばすなどして外側から何とか覗こうとしていたオウム真理教・麻原前教祖の三女の邸宅に初めて足を踏み入れたのは『創』だった。あるいは連続幼女殺害事件から8年間、あれだけ報道がなされながら、宮崎勤被告が初めて心境を語ったメディアが『創』だった。これらは決して偶然ではない。大手マスコミがいくら物量作戦を展開しても、いやそうすればするほど肉迫するのが困難になるものも存在するのである。『創』は常に独自のスタンスで大手マスコミの報道できない領域に挑んできた。ゲリラに徹することが、雑誌ジャーナリズムに残された存在領域だと思うからである。
本・雑誌内容詳細 ◆〈対談〉かつて共同通信が封印したスキャンダルが今再び
 封印されてきた安倍晋三スキャンダル……寺澤 有×山岡俊介

◆皇室タブーに触れて大騒動に
 『週刊新潮』が「不敬」と叩いたピンク映画に右翼の街宣……篠田博之

◆3年を超えた拘束事件の行方は 
 安田純平さん拘束事件で問われているものは何か……川上泰徳

◆1審判決は「事実誤認」なれど再び有罪とは
 今市女児殺害事件疑問の残る控訴審判決……片岡 健

◆今市女児殺害事件被告の獄中手記
 判決を何度読んでもなぜ有罪なのか理解できない……勝又拓哉

◆相模原障害者殺傷事件を考える
 植松聖被告の近況と『開けられたパンドラの箱』の反響……篠田博之

◆「死刑執行に抗議し、オウム事件についてもう一度考える」集会報告
 オウム死刑執行をめぐっていま何が問われているのか

◆岐路に立たされた雑誌ジャーナリズム
 杉田水脈差別発言掲載『新潮45』への危惧と提言……篠田博之

◆渡邊博史受刑者について驚いたこととは
 『黒子のバスケ』脅迫事件接見報告……篠田博之

◆地裁判決に抗議、「日本赤軍」報道は虚報と批判
 人民新聞が公安警察に反撃開始……浅野健一


〈巻頭グラビア〉
月刊 嘲笑の時代 脱原発シニア連合/他……マッド・アマノ
東京Street! 猛暑の東京……篝一光
今月のカラクリ雑誌 『東京ウォーカー』!……今柊二
8・24「死刑執行に抗議し、オウム事件についてもう一度考える」集会
山崎隆明さんが生み出すCMのインパクト


〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【安倍昭恵】……佐高信
言論の覚悟 【「日本らしさ」とは】……鈴木邦男
「こころの時代」解体新書 【卒業生として東京医大の問題を考えてみる】……香山リカ
極私的メディア論 【設立の経緯と解散の理由】……森達也
ナショナリズムという病理 【シンガポールでの日朝外相の接触】……佐藤優
ドキュメント雨宮☆革命 【「女だから」減点は東京医大だけじゃない】……雨宮処凛
What`s Going On? 【『止められるか、俺たちを』若松プロの映画と青春(白石和彌監督)】……加藤梅造
大川総裁の月刊『壊』【西日本豪雨と知的障害者支援】……大川豊
バカ裁判傍聴記 【罪状認否で黙秘権行使】……阿曽山大噴火
プロダクトNo 1281681737
出版社 創出版
発売日 1,2,3,4,6,7,8,10,11,12月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。