ネット販売 定期購読・最新号・バックナンバー

ネット販売 定期購読・最新号・バックナンバー

ネット販売の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ネット販売雑誌の詳細です。


ネット販売の公式サイトへ
本・雑誌 ネット販売
本・雑誌内容 インターネットの登場が通販を変える。「可能性」は「現実」へと変わり、通販業界は今、大きな転換期を迎えています。既存通販事業者以外にも、ネットベンチャーやメーカー、非通販の小売業者の多くも通販に参入。通販市場は急速な変化と膨張を遂げています。月刊「ネット販売:はこの“新市場”の健全な発展を支えるため、他誌(紙)では収集しにくい情報を毎月1回、“先取り”あるいは“深堀り”してお届けします。
本・雑誌内容詳細 特集1  打ち消された「打消し表示」
注意すべき“広告表示”のポイントとは
 消費者庁が「打消し表示」を打ち消そうとしている。2017 年7月、「打消し表示」の実態調査を行って以降、今年5月にはスマートフォンに絞ったもの、同6月には視線の動きを測定できるアイトラッキング機器を使い動画広告を中心に問題点を整理したもの、と立て続けに3度に渡り「打消し表示」の調査を行ったためだ。これまで「広告」は一定の誇張が許容されるものと認識されてきた。だが、消費者庁が求めるのはさらなる誇張の排除。「打消し表示」を免罪符に自社の商品・サービスの強調が過ぎれば、景品表示法違反となり、行政処分を受けるリスクが高まっている。許容されてきた広告の認識が変わろうとしている中、今後、注意すべきポイントはどこにあるのか。

特集2
EC市場最前線レポート【高まるブランド毀損リスク】
  “ヘイトサイト”に広告はなぜ出るのか

・新潮流(ロングインタビュー)
  中長期で売り上げ1000億円へ
  CROOZ SHOPLIST 代表取締役社長 張本 貴雄 氏

Webトピックス(今月のNews&Trends)
・楽天、「楽天市場」全店舗の商品を自社配送へ
  来年は2カ所に物流センター開設
・アスクル、新たな小口配送モデルの実証実験スタート
・三越伊勢丹HD、食品通販サイトを開設
・LINE、法人アカウントを統合へ
・東京都、違反広告監視でフリマ運営企業と連絡会
・クックパッド、生鮮食品のネット販売を開始
・ローソン、食品のネット販売から撤退
・今月のEC業界の主な動き【業界レーダー】

月刊「モバイル通販」(最新ケータイNews&分析)
・アマゾンジャパンが画面付きAIスピーカーを発売へ
  音声でのEC利用拡大のはずみになるか?
・ECを“超える”ケータイビジネス最前線 第162回
  「情弱と情強のあいだ」で…。自社を知り、見込み顧客を
  見極めるための「新・デジタルデバイド仮設」 (前編)
・放送業界の現状と今後 第147回
  岩手朝日テレビのデータ放送ローカル
  送出設備整備が持つ「真の意味」とは

連載・コラム
・動き出した大本命
  【オルビス】CSR通じ顧客と関係強化
・ECコンサルが語る最新トレンド(第64回)
  ロシア視察で見えたECの可能性について
・真相/深層Search(第162回)
  上場メルカリ、今後も勝ち続けられるか
・海外ネットニュース(第173回)
  消費者の期待を優先したSNSの投稿法
・仕掛け人に聞く
  【Wovn Technologies】 林 鷹治 氏
  ウェブサイトを簡単に多言語化
・今月のWeb人
  【ジオシス・プライベート・リミテッド】ヘンリー・チュン 氏
  2022年に流通総額5000億円へ
・オモシロサイト拝見
  【トレバ】景品届くオンラインクレーンゲーム
・SEO入門(第62回)
  実例のご紹介・情報サイトを作り見込みを増やす
・顧客をつかむサイト運営のノウハウ(第104回)
  子ども用の麻のパンツを販売する「quiraku ni(キラクニ)」
・魁!Net Retailer(事例研究126)
  【モタガレ】車のアフターパーツ販売で急成長
・今知っておきたい「ささげ」の世界
  千趣会 篇
・オフィス・拝見 (No.4)
  訪問企業「オークファン」
・業界人のためのブックレビュー(第115回)
  「新版 ロングヒット商品開発」
  「地域を支える企業」
・今月の調査/編集後記/次号予告
プロダクトNo 1281680855
出版社 宏文出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。