月刊ニュースがわかる 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ニュースがわかるの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

月刊ニュースがわかる雑誌の詳細です。


月刊ニュースがわかるの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ニュースがわかる
本・雑誌内容 月刊「Newsがわかる」は、おもに小中学生向けにニュースをわかりやすく解説する月刊誌です。新聞やテレビのニュースって難しいですよね。それをやさしいことばで説明し、図表や写真、イラストを多く使って、事件やできごとの核心をズバリとお伝えします。大人の方からも好評をいただいており、親子で愛読する家庭が増えています。中学・高校受験や資格試験対策にもご活用ください。「ニュース時事能力検定試験」の入門誌として、3~4級模擬問題 も毎号掲載しています。読めば必ず社会科の実力がつきますよ!オール カラー、68ページ。定期購読でのご予約がお得です!
本・雑誌内容詳細 <巻頭特集>
★テーマから探す! ミラクル自由研究
 夏休みの自由研究はスタートダッシュで決めましょう。
 本誌連載でおなじみの科学コミュニケーター、本田隆行さんにテーマの選び方を聞きました。
 「ジュースを早く冷やすにはどうしたらいい?」など、身近な疑問を深掘りするのがコツ。
 ワクワクしながら研究すれば、傑作ができること間違いなし!

 <ニュース特集>
★開幕直前 パリ五輪を楽しもう
 7月26日にフランスのパリでオリンピックが開幕します。日本代表の活躍が楽しみですね。
 スポーツ世界一を競うオリンピックは「平和の祭典」でもあります。
 世界に戦火が絶えない中、平和の大切さを感じさせる場にもなりそうです。

★変わる寄付のカタチ 
 今、寄付の形が多様化しています。昔ながらの赤い羽根共同募金などに加え、
 インターネットで募るクラウドファンディングがさかんになっています。
 積極的に寄付をしている小説家の津村記久子さんにも話を聞きました。

★出生率が過去最低
 日本で生まれる赤ちゃんの数が年々、急激にヘっています。
 1人の女性が一生に産む子どもの数(合計特殊出生率)が昨年は1.20で過去最低となりました。
 生まれた赤ちゃんの数も72万7277人と今まで で最少になっています。

★G7サミットで結束ちかう
 主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月にイタリアで開かれました。
 日本をふくむ各国の大統領や首相が集まり、ロシアに攻め込まれているウクライナへの支援など、
 大事な国際問題について話し合いました。

★進む! 政治のAI活用
 政治の世界でAI(人工知能)の活用が進んでいます。
 政党のポスターの文言を生成AIに作らせたり、国会質問で対話型AIを利用したり。
 便利ですが、ニセ動画や情報もれの心配もあります。

★人気アニメ監督に読者がインタビュー
 放送中の人気テレビアニメ「シンカリオン チェンジ ザ ワールド」監督の駒屋健一郎さんに、
 読者の小6男子がインタビュー。アニメの作り方や監督になる方法を聞きました。

 ほかに、次のような5月末~6月のニュースをのせています。
 ・ゴルフの笹生優花選手が日本勢初のメジャー2勝
 ・インド総選挙 与党が過半数に届かず
 ・アメリカのトランプ前大統領に有罪の評決
 ・家族の介護に追われる「ヤングケアラー」支援の改正法できる
 ・「希望があれば夫婦別々の名字で」――経済界から民法改正を求める声

<好評連載>
「未来の仕事図鑑」・・・プラネタリウム解説員の仕事を紹介
「答えよ」・・・読者参加のニュース大喜利。テーマは「ドクターイエローの第二の人生を考えよう」


プロダクトNo 1281680769
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。