日経おとなのOFF 定期購読・最新号・バックナンバー

日経おとなのOFFの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経おとなのOFF雑誌の詳細です。


日経おとなのOFFの公式サイトへ
本・雑誌 日経おとなのOFF
本・雑誌内容 仕事も遊びも今が旬。そんなエネルギッシュでアクティブな大人のためのオフ生活情報誌。上質な「旅」「食」「遊」の情報を厳選してお届けします。記者自らが一般客となって、旅館やホテルに泊まったり、レストランで実際に食べてみたりして、本当にいいものかどうかを確認。その上で再取材を行い、記事にまとめるという手法をとっています。 嘘のない信頼性の高い情報を掲載するというのが基本姿勢です。
本・雑誌内容詳細 ■特集1 おとながはまる魅力全開! 台湾

●おとながはまる魅力全開! 台湾(008p)
●“安くて旨い”にはもう飽きた! “一芸美食”歩き おとなのOFF的レストラン紹介(010p)
●台湾式の海鮮居酒屋は旨い! これで安心! 熱炒の楽しみ方(018p)
●台湾茶おいしい飲み方&選び方 香りと味に、体も心も和らぐ(020p)
●迷わない! 見逃さない! 至福の台北 国立故宮博物院(024p)
●台北に現代アートの波到来! 著名コレクター宮津大輔さんが現地リポート(032p)
●台湾の寺廟で開運しよう! 願いをかなえる神様が続々(034p)
●歴史建築散歩 in Taipei 街全体がミュージアム! (038p)
●台湾らしさ満喫! 個性派ホテル 歴史的建造物 ・ 古民家を改装、最先端デザイン…(044p)
●台湾のマッサージ&漢方店は家族で訪ねる憩いの場リンパケア 角質取り 小顔矯正 漢方パックもあり(048p)
●台湾温泉発祥の地 「北投」 に名湯あり 台北から30分! 3つの源泉に癒やされる(050p)
●駅弁を食べながら 台湾環島一周鉄道の旅櫻井寛が新幹線とローカル特急でぐるっと一周! (054p)
●台湾らしさを極めるなら 台南 ・ 台中エリアへ 歴史もグルメも “本場”はこちら! (083p)
●台南で台湾アートの最前線に触れる新規オープン! 南部の新ランドマーク 「台南市美術館」 (084p)
●食通は台南を目指す! 台南美食三昧 台南はB級グルメの宝庫です! (086p)
●中部 ・ 南投に美酒を探して 老舗の紹興酒と気鋭のウイスキー(092p)
● 「南の故宮」 で 必見! アジアの美 国立故宮博物院南部院区(096p)
●カカオが育つ南部ファームは常夏の楽園! 台湾の新たな食が世界を驚かす(098p)
●訪ねておくべき台湾の絶景を知る 九分だけじゃない! (100p)
●台湾ツウが選ぶ土産19選 メイドイン台湾そろい踏み(104p)


■特集2 もしものときに備える防災BOOK

●もしものときに備える防災BOOK(115p)


■特別保存版 台湾便利BOOK

●台湾便利BOOK(067p)
●台湾美食 指さしガイド(068p)
●週末1泊3日の台北、プチプラでどこまで楽しめる? GW発で全部で6万円 !? (074p)
●台湾スイスイMAP(078p)
●もっとある 知っておくと便利ネタ! (082p)


■日本の誇りをつなぐ 鳥取の手仕事

●万年筆博士のビスポーク万年筆/鳥取民芸木工の木製電気スタンド(132p)


■Check The News! Special 〈Art〉

●現代のヘタウマまで続くB面日本美術史(136p)


■Check The News! 〈Hotel〉

●個性ある5棟で1つ 京都初分散型ホテル 「ENSO ANGO」 (139p)


■Check The News! 〈Book〉

●横山秀夫さん 華やかな芸術家よりも、市井で生きる人間を描きたい(141p)


■Check The News! 〈Music〉

●藤木大地さん カウンターテナーオペラの殿堂デビューを果たし話題のカウンターテナー 本格 「歌曲」 を披露(143p)


■Check The News! 〈Theater〉

●小池徹平さん 今度こそ見逃せない! 熱狂ミュージカルの再演(145p)
プロダクトNo 1281680759
出版社 日経BP社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。