イー・コンテクチャー 定期購読・最新号・バックナンバー

イー・コンテクチャーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

イー・コンテクチャー雑誌の詳細です。


イー・コンテクチャーの公式サイトへ
本・雑誌 イー・コンテクチャー
本・雑誌内容 資源の有効活用や環境に配慮した施工が求められる中、これからの建設業は建て替えが主流になります。弊誌では、屋上緑化や自然再生工法、工作物への環境装置の設置、環境プラント施工、分別解体、建設廃棄物対策、グリーン購入、など環境をキーワードに建設産業を取り巻く様々な情報・取り組みを追いかけていきます
本・雑誌内容詳細 特集1 いよいよ本格始動! 建設業許可の解体工事業

第1部 リーダーに聞く業界展望
●解体工事業の認知には組織力の強化が不可欠/全解工連会長 井上尚氏 ●都内は高難易度の案件多く、適正な受発注システムの確立必要/(一社)東京建物解体協会会長 藤井誠氏 ●官需以上に民需の充実に期待/宮城県解体工事業協同組合理事長 佐藤正之氏 ●現場内の全施行業者の業許可取得を確認/(一社)福島県解体工事業協会理事 齋藤達夫氏 ●元請受注と自社施工の姿勢を前面に/(一社)静岡県解体工事業協会理事 谷田康雄氏 ●分離発注・組織強化・防災協定の締結/(一社)北海道解体工事業協会会長 堀井太一氏 ●解体工事業の完全施行踏まえた事業計画/茨城県解体工事業協同組合 ●解体工事業として全国発、暴力団排除協定を締結/(一社)福岡県建造物解体工業会会長 平典明氏 ●若手経営者の育成通じ、業界イメージ向上へ/(一社)富山県建造物解体協会会長 岡本肇氏
第2部 地位向上と事業基盤
●新建材と接着工法で解体困難な住宅と処理困難な廃材が増大/埼玉県解体業協会専務理事 小林雄一氏 ●解体工事施行技士の常駐を行政に働きかけ/(一社)栃木県解体業協会副会長 奥田美弘氏 ●建設業・協力業者との連携強化と中間処理で事業基盤強化 /(株)昭和羽前建設工業 ●7次産業の要、ライフスタイル施設「眞野屋」オープン /(株)ジェーエーシー ●「木造解体に伴う産業廃棄物の組成分析調査」まとめる/埼玉県解体業協会 ●人手不足対応で女性オペレーター等も積極登用/中野町産業(株) ●労働環境の改善、大型車導入も/(株)オキセイ産業 ●設備処分元請で新会社、リース大手と合弁/(株)アビヅほか ●工場拡張、木くずチップ処理を増強/(有)大武産業 ●現場タブレット入力で時間短縮/(株)森岡産業

特集2 経営・営業から技術まで…建廃対策 次の一手
多くの建廃業者が、現業の新たな見直しや事業モデルの追及に乗り出す

●ワンストップサービスの事業形態の強化で、建廃軸の総合環境企業目指す/新和環境(株) ●既設の再構築と石膏・がれき類施設保有で建廃の複合処理体制整う/(株)環吉 ●焼却・粉砕・燃え殻リサイクルの資源リサイクル施設が竣工/(株)公清企業 ●建廃由来の農業資材開発と農地拡張進める/MSK ●プラ等の2次処理先の確保に向け新事業の検討/角山開発(株) ●再生石膏の新たな分野への活用に向けて/石膏再生協同組合 ●剥離紙の質向上目指し設備導入/(株)グリーンアローズ中部・(株)グリーンアローズ九州 ●選別ラインを導入、混廃アミ下(ふるい下残さ)を処理/福岡産業開発(株) ●混廃の選別プラント導入、石膏ボード、RPF原料化/(株)トスマク・アイ

E-Conインタビュー

循環協との連携で災害廃への対応強化

(一社)鹿児島県産業資源循環協会 会長
(一社)鹿児島県解体工事業協会 副会長
永田重機土木(株)代表取締役 永田雄一氏

SERIES [連載]

イーコン・データブック●2019年3月末の解体工事業者数は4万3186業者へ大幅増/国土交通省
現場発! 解体&建リコンプライアンス●石綿則における建築物の解体・改修等における石綿ばく露防止対策等の見直し(主な論点案)について/アスベスト規制動向
石膏ボードリサイクル探訪●再生石膏粉の有効利用ガイドライン/国立研究開発法人国立環境研究所
コンストラクションを巡る環境諸制度●安全帯を墜落制止用器具に改称/労働安全衛生法施行令・施行規則の改正
21世紀の先端施工●墜落制止・都心部高層ビル解体・SRC造ビル施行状況等で講習/(一社)青森県解体工事業協会・解体施行技士会
お訪ねします解体現場●都市郊外の木造一部S造2階建てを重機併用手解体で撤去/(株)河正
タイムリートピック●ブロック長に平氏が就任/全解工連 九州・沖縄ブロック
ビジネス展開の新戦略●操業差止仮処分申請を取り消し、汚染土埋立事業を適正と判断/東京高裁
The GAREKI●施設利点は能力・広さ・強さ/亀井産業(株)
最先端E-Con要素技術●水切りバッグを発売、建設汚泥やプラ洗浄に/(株)インターアクション
建設資源―市況キャッチ●荒れる国際金属くず市況
焦点は建物解体! アスベスト被害再発と危機回避/大石一成●何故、日本の分析方法は世界規格に適合できなかったのか(下)

COLUMN [コラム]

巻頭言●プラ等の建廃処理の国難に、速やかな業・設置許可で対処を
木材情報●台風による災害廃棄物の処理が滞る
解体・建廃ひそひそ話
循環経済と建設副産物●分選別の徹底と業許可の絡まない新再資源化ルートの開拓
編集手帳●昨今の建廃処理の停滞は「国難のおそれ」を「国難」に転化しかねない

NEWS & OTHER [ニュース・その他]

トピックス●(一社)東京建物解体協会、千葉県解体工事業協同組合
トピックス●(一社)日本災害対応システムズ
トピックス●(株)ダイセキ環境ソリューションズ
トピックス●(株)プラントシステム
トピックス●三和建商(株)
列島E-Con
品目別建設副産物流通チェック2019年4月-5月
テクノロジーニュース
広告索引+奥付
プロダクトNo 1281680753
出版社 日報ビジネス
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。