Mainichi Weekly CD ウィークリータイプ 定期購読・最新号・バックナンバー

Mainichi Weekly CD ウィークリータイプの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Mainichi Weekly CD ウィークリータイプ雑誌の詳細です。


Mainichi Weekly CD ウィークリータイプの公式サイトへ
本・雑誌 Mainichi Weekly CD ウィークリータイプ
本・雑誌内容 毎日ウィークリーの英文記事の大半をネイティブ・スピーカーが読み上げて録音しています。生きた英語を耳から学ぶことができます。毎日ウィークリーの購読と併せて購入されることをお勧めします。
本・雑誌内容詳細 ◆1面 Unrivaled Achievement 将棋 羽生棋士、歴代最多1434勝達成
将棋プロ棋士の羽生善治九段(48)が6月4日、歴代最多となる1434勝を達成いたしました。1985年に中学生でプロデビューして以来、常に第一線で活躍し、タイトル獲得数は歴代最多の99期に上ります。羽生九段は「今年に入ってからの一つの大きな目標で、非常にうれしい」と語りました。次の目標は1500勝とタイトル100期獲得です。

◆2-3面 HOT TOPICS (英語でニュース)
天安門事件から30年 北京は厳戒態勢、香港では追悼集会 / 2020年東京五輪聖火リレー 訪問地決定 / 無料レジ袋配布禁止へ 環境相表明 2020年中に法整備 / ネパール エベレスト登山の死者急増 登山者増加による渋滞で・・・など

◆4面 A Brighter Future for All 「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」
「誰一人取り残さない社会」を目指して国連が採択した開発目標「持続可能な開発のための2030アジェンダ」。貧困撲滅や格差解消など、17分野の目標を盛り込んだ行動計画について、明治大学や青山学院大学で教えるリサ・ヴォートさんと一緒に考えます。

◆5面 F・スコット・フィッツジェラルド「グレート・ギャッツビー」連載
易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆7面 戸田奈津子の翻訳の花道
映画字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、最新映画のせりふを日英対訳で紹介します。今週の映画は「パピヨン」。

◆8-9面 SCIENCE 走査型電子顕微鏡で見るミクロの世界
英国のスティーヴ・グシュマイズナーさんは、表面の立体構造の観察に向いている走査型電子顕微鏡を用いてウイルス、細菌や微細な生き物の写真を撮影・展示し、世界的に注目されています。知られざるミクロの世界や電子顕微鏡写真について、グシュマイズナーさんが実際の写真とともに、その魅力について語ります。

◆10面 Global Peculiar Plants、Garfield、英会話
写真家、自然ジャーナリストの山口進さんによる世界の不思議植物の紹介。今回は「ペール・リード・オーキッド」です。他にマンガや英会話も。

◆11面 SALZ on Kimono
着物を愛してやまないドイツ出身のアンジー・ザルツさんが、着こなしや小物を紹介します。今回のテーマは、「東京キモノショー」について。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC!
元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが本場のビジネス英語を会話形式で紹介します。

◆13面 堀先生と学ぶコロケーションの時間
熊本学園大学教授の堀正広先生と一緒に、仲良し単語の組み合わせを学び、英語力を上達させましょう。

◆14面 Views :Genuinely German、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週はドイツ在住のクラウディア・ヒルドナーさんが、「日曜日は休息日」についてつづります。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「24時間営業」。

◆15面 星占い、クロスワード

◆16面 Yadoya Guest House宿帳拝見
東京・中野の人気ゲストハウスに宿泊した外国人旅行者がつづるニッポン滞在記です。
プロダクトNo 1281680612
出版社 毎日新聞社
発売日 毎週土曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。