大法輪 定期購読・最新号・バックナンバー

大法輪の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大法輪雑誌の詳細です。


大法輪の公式サイトへ
本・雑誌 大法輪
本・雑誌内容 大法輪閣が毎月発行している仏教総合雑誌『大法輪』では、毎号さまざまな視点で宗派を超えた「仏教」を紹介しています。法話、講話をはじめ、専門的な記事から初めて仏教を学ぶ方のための入門的記事まで掲載。仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。
本・雑誌内容詳細 表紙「飛翔」(院展)-今井珠泉
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 信州・東御市の百体観音を訪ねて-写真・文/中塚 裕

〈巻頭〉少欲知足-光明宗 総国分尼寺 法華寺門跡 門主 樋口教香

【講演】この世とあの世 ⑨ キリスト教における「彼岸」と「此岸」-佐藤 研
仏教の地獄は苦しみがいつか終わります。しかしユダヤ教的な地獄は永遠の滅びなのです。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯6─我を成す者は朋友-小川共隆
法華経へのいざない 第二十六回 久遠の深法は本化の弟子に付嘱される─如来神力品 ②-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 宗教と科学の役割分担-田畑正久

鉄 笛
○仏教と食-藤井教公
○死者をして死を知らしめよ-木井昭一

特集=教えがわかる仏教のたとえ話
釈尊は説法の際、「譬喩」を多用しました。難解な教理を、動植物など身近なものにたとえることで分かり易くする、そのような「仏の智慧」というべき譬喩の数々を、集めてみました。

│総論│たとえ話は巧みな方便-杉本卓洲
◇第一部 たとえ話の物語-若原雄昭╱早島 慧╱髙森大乗╱三友健容
毒矢のたとえ─釈尊の答えなかった問い/琴の弦のたとえ─中道の実践/盲亀浮木のたとえ─遇い難くして遇う/握り拳のたとえ─開かれた教え/革紐の助けのたとえ─老いと病を生きる/黒白二鼠のたとえ─絶体絶命なのに甘い蜜を求める/一水四見のたとえ─人にとっての水が魚には住処/二河白道のたとえ─火と水の河の間にある極楽への道/薄めた牛乳のたとえ─牛乳を薄めても味わいは残る/三車火宅のたとえ─火事から子供を大白牛車で救出/長者窮子のたとえ─家出した息子に実家を悟らせる/三草二木のたとえ─雨はすべての草木を平等に潤す/化城宝処のたとえ─旅人を元気づけるため城を見せる/衣裏繋珠のたとえ─衣中に入れてもらっていた宝珠/髻中明珠のたとえ─転輪聖王が明珠を勇士に与える/良医治子のたとえ─毒を飲んだ子を巧みな方法で治す

◇第二部 教理をたとえて-羽矢辰夫╱須田哲成
【八正道】人々が通った古道を発見 【縁起】二つの葦束は相依りて立つ 【煩悩】すべては燃えている 【瞋恚】風に向かって土を投げる 【信仰】信はわたしが播く種 【出家者】犀の角のようにただ独り歩め 【仏法】筏は捨てられるべき 【重重無尽】網の結び目の宝珠が互いに映じ合う 【唯心】心は工画師が世間を画く如し 【我見】縄を見て蛇と言う 立木を見て人と言う 【熏習】衣服に香りが移る

▼第三部 表現豊かな仏教のたとえ-佐々木一憲╱吉村 誠╱山本和彦
仏─蓮華・大医王・光明・月光/悟り─宝・彼岸・月/煩悩─炎・毒・熱・稠林/知者と愚者─鶴・猩々・蜂・牛/信仰─須弥山・白氈・母/清浄─洗濯・沐浴・石鹸/戒律─大地・良田・梯/天人の世界・寿命─須弥山・忉利天・兜率天/心─心流水・幻・猿/無常─泡・陽炎・夢/実体のないもの─健達縛城・水月・旋火輪・兎角・蛇足/難値難遇─優曇華・盲亀浮木/善と悪─輝くヒマーラヤと夜陰に放たれた矢/最勝─犀の角・よく調教された馬/極小と極大─無益な千回と有益な一回・百万人の敵と一人の自己

仏教の多様性と『宗鏡録』(上)-花園大学国際禅研究所副所長・柳 幹康
千百年前に編まれた『宗鏡録』を読むと北伝仏教のダイナミックな展開の一端が見えてくる。

ほとけさまといっしょ〈その十〉「摩利支天」-藤原祐寛
仏像を守る第3章 地域の仏像を守りたい ②-仏像文化財修復工房代表・松岡誠一
柳宗悦論─ 妙好人という存在へ〈二〉-詩人・文芸評論家 岡本勝人
神・儒・仏と日本人 ㉑ 教訓の時代と天道思想-森 和也
道元禅師の生涯についての論争〈中〉-吉田道興
持続可能な世界の実現へ─全日本仏教青年会全国大会を開催して-谷 晃仁
龍と共に生きる ㉒ 民話・泉小太郎(龍の子太郎)-北畠聖龍
あの人この言葉(二十九) 松江シズさん(一九一二~二〇〇三)-横田 喬
ほっと一息ブッダのことば ㊷ 健康は最高の利益-吉田真譽
明眼の人-佐藤隆定
死んで生きる物語 熊野再生小栗判官異聞(4)-山口辨清
わたしのおばあちゃん その⑥  大丈夫-たばやん

大法輪カルチャー講座
《新連載》現代人のための『歎異抄』入門 ① 現代人と『歎異抄』-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑪ 多面多臂像を描く─千手観音-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城

〈大法輪アーカイブス〉《禅談》敵も味方も観音様〈昭和26年8月号より〉-澤木興道
ベストセラー『禅談』以後の老師の禅談。道元の偈頌を様々な話題を入れて軽妙に説き明かす。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪3月号予告(内容は変更となる場合があります)

《 特 集 》阿弥陀如来と薬師如来 早わかりガイド

西と東を代表する二大如来、阿弥陀さまとお薬師さま。両尊の人気の秘密に迫ります!
▼阿弥陀如来(ご開帳・最新情報/阿弥陀さまへの質問 ― 色々な手の形はなぜ?、本願とは何? など/『浄土三部経』よりご〝三誓偶・讃仏偈〟現代語訳/二十五菩薩とは/名像と名画ほか)
▼薬師如来(ご開帳・最新情報/お薬師さまへの質問 ― 左手に持っているのは何?、病気の人にしかご利益ないの? など/『薬師経』現代語訳/脊属・十二神将とは/名像と名画ほか)
【執筆者】山田俊和・加須屋誠・神居文彰・武田晋・加藤清純・倉松俊弘・飯塚大幸 ほか

プロダクトNo 1281680555
出版社 大法輪閣
発売日 毎月8日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。