大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信雑誌の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細
【内容紹介】

今回は、社会構造が二極化し、富裕層が増える一方でワーキングプアも増え、フランス(黄色いベスト運動)、イギリス(EU離脱問題)、アメリカ(国境の壁建設)など、世界各国でワーキングプアの政治的影響力が強まっているのは、先進国に共通する現象と、世界に広がるワーキングプアに関して大前研一が、洞察した記事を巻頭に、技術革新によるシェールオイルのコスト低減で原油生産量で首位になったアメリカと抜かれたサウジアラビアなど、エネルギー地政学関連の記事を【資産形成力】として、【リーダーシップ】としては、「最強組織の創り方」セミナーレポート、また「ゴーン事件の本質」に触れた記事を【大前関連発言】として、続けて、2回目の米朝首脳会談と、米露の中距離核戦力(INfF)全廃条約の履行停止に絡み、日本がやるべきことに言及した記事を【問題解決力】としてご紹介します。更に、羽田空港の国際線発着枠増便の飛行ルートについての日米交渉が基本合意に達したことに絡み、日本の空の管政権が、米軍の管理下に70年にわたって置かれる状況などは、国民の意見を背景に外交力と説得力を駆使し取り返さなくてはならない重要案件だと喝破した記事に、2016年の米大統領選でトランプ陣営がロシアのプーチン政権の支援を受けて選挙戦を有利に進めた疑惑のロシアゲート捜査に関する記事を、【BBTch】としては、「ビジネスプロセスマネジメント」の番組紹介記事など、迷走する世界の現状を考察した記事を中心に構成した「混迷する世界」と題する特集を前半に、後半には、人材戦略をめぐる社会の視点として制度上の問題や、立ち遅れている日本のリカレント教育に関する記事を、【プログラミング】としては、AIをビジネスに活かす講座情報に連載記事、【MBAプログラム】では、豪州のBOND 大学から大前研一が名誉博士号を授与されたニュースに3月開催セミナー情報を、【英語】としては、実践ビジネス英語講座(PEGL)の10周年記念企画のインタビュー記事と、知って得する英語情報(BBTO)に加え、BBT大学経営学部でマーケティングを担当するプロフェッショナル教員3名が行った特別セミナー関連記事を【BBT大学】として、【経営】としては、大前経営塾体験記、【観光】としては、インバウンド2018総括セミナー関連記事、【IB(国際バカロレア)】としては、コンソーシアム事業として第一回目のIBに関するシンポジウムで、「保護者視点から考えるグローバル人材とIB 」というテーマで講演をした一新塾OBでキリロム工科大学学長も務める猪塚武氏の記事に、文科省委託事業としての「国際バカロレアに関するシンポジウム(第2回)」ご案内と、アオバジャパン・バイリンガルプリスクール(早稲田キャンパス)が、IBのPYP認定校に決定したお知らせなど、AI時代の学びに関連した記事を中心に構成した、「AI時代に必要な学び」と題した二弾特集です。





========【大前研一通信 3月号(VOL.294)インデックス 紹介】===========


【特集1】 「混迷する世界」

・世界に広がるワーキングプアの反乱         (プレジデント 2019/3/4号)

【資産形成力】・エネルギー地政学一変  (グローバル・マネー・ジャーナル 577 2019/1/23より)

<大前関連発言>・ゴーン事件の本質            (VERDAD 2019/2月号)
   
【リーダーシップ】「最強組織の創り方」2/8実施レポート(リーダーシップ・アクションプログラム)

・さらば平成 — 何も変わらないこの国は ただ沈んでいく  (週刊ポスト2019/2/1号)

【問題解決力】・米朝首脳会談/INF全廃条約~他人事ではないミサイルの脅威
                        (ニュースの視点 765 2019/2/15)

・横田空域」基本合意も米軍の“占領状態”変わらず    (夕刊フジ 2019/2/9号)

・トランプの命運握る ロシアゲート捜査大詰め      (夕刊フジ 2019/2/16号)

【BBTch】・最新経営用語を学ぶ 内田和成のビジネスマインド (BBTCh 番組紹介)


【特集2】「AI時代に必要な学び」


・人材戦略を巡る社会の視点~制度上の問題 何重にも立ち遅れている日本のリカレント教育
               (大前研一ビジネスジャーナル No.16より/masterpeace) 

【プログラミング】・AIをビジネスに活かすプログラミング講座中級編を開講 (p.school情報) 
         ・小学校でのプログラミング教育を生かすには? 第3回        

【MBAプログラム】・大前研一が豪州BOND 大学から名誉博士号を授与されました
             BBT大学大学院・BOND MBA 3月セミナー開催情報

【英語】・実践ビジネス英語講座(PEGL)10周年記念インタビュー第3回
     自らも10年間、仕事をしながら英語学習をしてきたからこそ分かる
     、PEGL[ペグル]受講生への想い。

・ENGLISH BREAK~BBTOがお届けする知って得する英語情報(BBTオンライン英会話)

【BBT大学】BBT大学経営学部 Marketing Day:
      BBT大学教員トリプルセミナー&パネルディスカッション
      〜自分の未来を創るマーケティングの話~

【経営】「大前経営塾」体験記 「考える力」を鍛えれば世界はよくなる
                           (プレジデント 2019/2/18号)

【観光】・インバウンド2018総括セミナー(1) ツーリズム リーダーズスクール(TLS)

【IB(国際バカロレア)】・保護者視点から考える グローバル人材とIB
(第1回国際バカロレアに関する国内推進推進体制の整備事業シンポジウム2018基調講演
:キリロム工科大学学長、EO日本支部・アジア理事、一般社団法人WAOJE代表理事 猪塚武氏)

・アオバジャパン・バイリンガルプリスクール早稲田キャンパス IBのPYP認定校に決定

・「第2回国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2019」のご案内 
                            (アオバジャパン・インターナショナルスクール)

============================================
プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。