大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信雑誌の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細 【内容紹介】

今回は、米国やドイツなど、世界には繁栄する地方が生まれるのに比べ、すでに少子高齢化で人口オーナス期に入った日本では、中央政府が集めた税金を再配分して地方を活性化する余力はなく、地方自らが富を生み出さなければ「創生」はなしえないと大前研一が指摘した記事を巻頭に、インフレにならない限り財政赤字の膨張は問題ないとする米国の教授が提唱した「現代貨幣理論(MMT)」に関し、日本経済に対する理解の甘さを喝破した記事と、2024年に新紙幣を発行することを早期に発表した真の理由に言及した記事、また【資産形成力】として、日銀によるETF(上場投資信託)買いの真意や、日本の総人口の将来推計に言及された記事をご紹介します。【BBTch】としては、人口減少による地方経済の現状と課題関連の番組紹介を、更に空き家再生のリフォーム・法整備によりインバウンドの宿泊施設需要などへの経済効果も生み出せるという記事に加え、【観光】としては、食のバリアフリーに関する記事を、【時事問題】としては、スマートシティ-関連の記事に、需要と供給の状況に応じて価格を変動する「ダイナミックプライシング」の手法を国交省が公共交通機関に対し検討していることや、2029年度に予定されている羽田新線開業への問題点を指摘した記事を前半にご紹介します。中盤には、【大前関連発言】として世界の交易メカニズムの変遷をトランプをはじめ世界の指導者は学ぶべきという記事を、また【問題解決力】、【資産形成力】としては、米中貿易戦争に絡み、ファーウェイ問題と中国共産党との関係や、中国側の対抗手段としてのレアアース利用、またトランプ政権が、輸入車への追加関税の先送りしたことに対する関連記事を、【リーダーシップ】としては、組織力強化トレーニングプログラム合宿の活動報告記事なども交え、米中貿易戦争と日本の真実に迫った記事を中心に構成した、「日本の真実と米中貿易戦」と題する特集号です。後半は、ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学創設者で学長も務める大前研一が、大学界の現状や問題点を喝破した記事に、【リカレント教育】としては、目指すキャリアに近づくテーラーメイドカリキュラムの新規講座の紹介に加え、AI時代に生き残るための「考える力」を習慣的にトレーニングするサービス開始のリリース記事、【英語】としては、実践ビジネス英語講座(PEGL)の受講生奮闘記に知って得する英語情報(BBTO)を、【BBT大学】としては、熱海で開催された集合知を実感する「若者合宿」報告に、【MBAプログラム】としては、アップルの創業者のスティーブ・ジョブズ氏も関わりが深かった「禅」的思考からキャリア選択を考えるセミナー報告記事を、また、【IB(国際バカロレア)】としては、IB教育を導入しているアオバジャパン・インターナショナルスクールでTOK(Theory of Knowledge)の指導をする小澤大心教諭の既存の学校教育とIB教育との対比を交えたIB導入体験談の興味深い記事もご紹介します。




=====【大前研一通信 7月号(VOL.298)インデックス 紹介】==== 

【特集】 「日本の真実と米中貿易戦争」

・日本ではどうやっても地方創生はできない     (プレジデント2019/7/5号)

・財政赤字/スルガ銀行~財政赤字の膨張は問題ない?(ニュースの視点780・2019/5/31)

・日本経済を知らない米学者のトンデモ理論「MMT」が国を滅ぼす(週刊ポスト2019/6/14号)

・財務省が密かに進める2024年「徳政令」プラン   (プレジデント2019/6/17号)

【資産形成力】・日銀によるETF買いの真意とは (グローバル・マネー・ジャーナル 591 2019/5/8) 

       ・令和経済、人口減対応カギ   (グローバル・マネー・ジャーナル 593 2019/5/22) 

【BBTch】・人口減少による地方経済の現状と課題        (BBTCh 番組紹介)

・[空き家再生]リフォームと法整備で経済効果         (夕刊フジ 2019/6/8)

【観光】・「食のバリアフリー」とは?       ツーリズム リーダーズスクール(TLS)

【時事問題】
・トヨタとパナが住宅事業統合「スマートシティーづくり」の行方 (夕刊フジ 2019/5/25)
  
・変動運賃と羽田新線に異議あり                (夕刊フジ 2019/5/18)
  
<大前関連発言>・トランプの勘違い             (月刊ベルダ 2019/6月号)

【問題解決力】・米為替政策/米中関係/米中貿易~ファーウェイ問題は
        一企業としての問題ではない      (ニュースの視点781・2019/6/7)

【資産形成力】・米政権、輸入車への追加関税を先送り
                      (グローバル・マネー・ジャーナル 594 2019/.5/29)

・“台湾のトランプ”は米中貿易戦争の救世主になれるか    (週刊ポスト2019/6/7号)

【リーダーシップ】・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ
          組織力強化トレーニングプログラム第1期 5/31、6/1
          合宿研修実施 (LAP情報)
                                               
【教育】・大学はなりたい自分を決めてから選ぶべき
    ( 週刊東洋経済 臨時増刊号「本当に強い大学2019」)

【リカレント教育】・何を学べばいいかがわかる!新規開講【リカレント・スタートプログラム】
          テーラーメイドで、あなた独自のカリキュラムを設計~ (リカレントPJ) 

・社会人の「学び直し」の場を毎日10分提供。「BBTルーティン」サービス開始
                           (BBTニュースリリース・2019/6/3)
 
【英語】・受講生の学習奮闘Blog(ビジネス即戦力トレーニングコースA):受講2ヵ月目
 第2回 「いよいよ開始!オンライン英会話レッスン」     (PEGL情報)

・ENGLISH BREAK~BBTOがお届けする知って得する英語情報(BBTオンライン英会話)

【BBT大学】・BBT大学の集合知を実感する、若者合宿開催

【MBAプログラム】・「禅的思考からキャリア選択を考える」セミナーの開催について

【IB(国際バカロレア)】・IB導入体験談 アオバジャパン・インターナショナルスクール
小澤大心 氏(TOK教諭、文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局担当)

========================================



プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。