Angling Fan(アングリングファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Angling Fan(アングリングファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Angling Fan(アングリングファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Angling Fan(アングリングファン)雑誌の詳細です。


Angling Fan(アングリングファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Angling Fan(アングリングファン)
本・雑誌内容 エリアフィッシングの基本から最先端のテクニック、最新アイテム、季節やフィールドごとの攻略法など“旬”の情報をいち早く紹介。最新ルアー・タックルの徹底ガイドやエキスパートによる全国の釣り場での実釣取材によるテクニックの解説に定評があります。初心者から上級者まで、読んだその日から上達が実感できる“読めば差が付く”エリアフィッシングマガジンです。
本・雑誌内容詳細 アングリングファン 2018年 9月号 

■巻頭特集
攻めのスタイルで夏エリアを攻略するサマーゲーム釣果倍増計画、YouTube連動企画 
概要
冷水系のトラウトたちにとって、ポンドの水温が上昇するサマーシーズンはタフな季節。しかし、そんな状況においても攻め方や戦略次第で、驚くような釣果を上げられる。また、『夏のエリアはオフシーズン……』といったネガティブイメージを払拭し、積極的に釣行することでテクニックを磨くことのできるシーズンでもある。サマーシーズンに有効なマイクロスプーンとボトムの釣りを菊地栄一さんと瀧澤真一さんにレクチャーしていただく。

マイクロスプーン編 Summer micro spoon
●出演アングラー:菊地栄一(ヴァルケイン)

サマーボトム編 SUMMER BOTTOM LURE
●出演アングラー:瀧澤真一(ティモン&テイルウォーク)

■連載増ページ 
★村田基/HAJIME MURATA PRESENTS
AREA FISHING TREASURE TOUR in 北海道
日本全国の管理釣り場にお宝を求める冒険の旅──。
トラウトは冷水性の魚であるため日本の夏は著しく活性が落ちる。
平野部の管理釣り場は急激な水温上昇により夏には営業できない所もあるほどだ。
しかし、そんな日本でも夏にトラウトの活性が落ちない管理釣り場がある。
しかも、そこには野性味あふれるワイルドな魚たちが放流されているのだ。
こうして、トレジャーハンターは限りなくネイティブに近い魚を求め、
北海道士幌町にある士幌フィッシングパークに向かったのである。

■特集 
Anglingfanチャンピオンシップ
2018‐2019エリア王座決定戦
MASU-1GP(ます-ワングランプリ) Season2
予選第2回 FF中津川 杉山代悟(ティモン)、亀山和彦(ディスプラウト)、三浦敬児(ダイワ)、赤泊佳汰(オフィスユーカリ)

■企画
ロデオクラフト×Anglingfan
999.9PROJECT 情報公開第2弾!! 遂にベールを脱ぐ!これがもう一頭の福狼

Xスティック
アングラーズアイドル登場! 流れの特徴を掴めば川の釣りは怖くない!

メジャークラフトの人気シリーズを徹底分析 第2弾
注目ロッドを先取りチェック
今回は汎用性の高いチューブラーモデルをご紹介‼

■人気連載

●エリアエキスパート直伝!
松本幸雄×イトウ
狙いすまして1尾を獲る楽しみ満喫してみませんか?

●Simulation&Answer
シミュレーション&アンサー
連載 第5回 今回のテーマ
ハイプレッシャーエリアの王道とシビアな時間(大)表層スプーニング&ゆっくり興味を持たせるプラグで探る!!

●ノリーズ井上太一のもっと尖って行こう!Season Ⅳ新シーズンスタート!

今月のテーマ 
着眼点

●新連載!!
MAX田中PRESENTS!
MAX MANUAL ワン・ツー・スリー

●Area Trout Spirit
杉山代悟 エリアトラウト・スピリット
夏のボトムゲームを完全制覇!

●エリア戦力UP委員会
山村昌輝 5フィートレングスが生み出す、異次元の操作性能、操作力

●石川優美子
新連載!ビギナーから脱却するためのユーカリ塾
プロダクトNo 1281680380
出版社 コスミック出版
発売日 毎奇月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。