Meets Regional(ミーツリージョナル) 定期購読・最新号・バックナンバー

Meets Regional(ミーツリージョナル)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Meets Regional(ミーツリージョナル)雑誌の詳細です。


Meets Regional(ミーツリージョナル)の公式サイトへ
本・雑誌 Meets Regional(ミーツリージョナル)
本・雑誌内容 89年12月、ミーツは“TOKYO OSAKA KOBE,WHAT’S ON MAGAZINE”として創刊。以来ずっと「街を知る人の雑誌」「町に一番近い雑誌」というスタンスの編集方針を貫いてきました。男性、女性の性別に関係なく、“街で働き、街で遊ぶ”、そんな都市型のライフスタイルの人々に、ミーツは多くの支持を得ています。街の匂いが伝わるとことん密着したディープな紙面づくりで京阪神の知らない魅力をお届けします。
本・雑誌内容詳細 料理も絶品なワイン酒場に、らしく見えない斬新な豆腐店、高架下にあったあの名店の復活など、今年も新店ニュースが飛び交う神戸の街。そんな最新アドレスは押さえつつ、今回は神戸っ子が愛して止まない、これからも通い続けたい店もしっかり紹介。新開地や神戸駅、滝の茶屋、六甲道など、三宮・元町からちょっと先の地元ツアーに、3大名物(!?)の中華、洋食、肉のランチも改めて。新店も昔ながらの愛され店も、今行くべき神戸の決定版!

●CONTENTS
神戸MAP 2023

神戸の最旬店はグラスが進む。
ワインに合う料理が気分です。
その1/料理も絶品なワイン酒場へ。
その2/今、この皿にワインを選ぶ理由。

それぞれの道行く、レストラン3軒。
シェフの行方。

話題の新店、リニューアルなど盛りだくさん!
神戸おいしいNEWS 

クリエーティブチーム? 街大工?
建築集団“々”ってなんだ? 

食卓をハッピーに。
“らしくない”豆腐屋ができるまで。

洋食・中華・肉…3大名物をめがけて!
神戸・ランチカタログ。 

神戸っ子に聞く。
通い続けたい店、教えてください。

元町・書店巡りに欠かせない2軒の
お互いの店の棚、拝見。

港町ゆえの国際色豊かなラインアップ!
KOBE WORLD SHOPPING

神戸が誇る伝説のコーヒーチェーン。
大衆喫茶ホワイトを知っているか!? 

2023年に会いましょう。
神戸ポートタワーの現在。

三宮・元町の一歩先が面白い!!
地元民と一緒に、隣り街ツアー。

●REGULAR

Meets Top Picks
MUSIC/MOVIE/ART/BOOK
STAGE/STREAM/COLUMN
ひさうちせんせのちょっとHの学校
バッキー・イノウエ 「露呈した、行きがかりじょう。」
藤原忍「ポンちゃん」
Meets the LIVE!
アラサーからはじめる男子!! 美容道場。
Meets NEW ARRIVAL
いま気になるあの街へ。福岡・小倉
stylemeets
角野卓造「予約一名、角野卓造でございます。」
バックナンバー&次号予告

●INTERVIEW

SHE’S/貴志真生也/JUBEE
プロダクトNo 1281680372
出版社 京阪神エルマガジン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。