山の本 定期購読・最新号・バックナンバー

山の本の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

山の本雑誌の詳細です。


山の本の公式サイトへ
本・雑誌 山の本
本・雑誌内容 人はなぜ山に登るのでしょうか。そんな疑問に答えるヒントを、作家、詩人、登山家、写真家、画家、歌手の皆さんが山に登った心象風景を主に活字で描き、山歩きの魅力を語っています。山のガイドは毎号、知られざる静かな山を案内。プロ、アマを問わず、読者の投稿もひろく受け付けており、読者の連載記事が単行本になった例もあります。表紙は創刊号より沢野ひとし氏のしみじみイラストが飾り、山の雰囲気を醸し出しています。新聞記事を読んでいて本能的に南ア(南アフリカ)を「南アルプス」と置換してしまう山歩き中毒のアナタも絶対に満足する山歩きの読本です。読者は20~70代まで(50代が中心)、男性70%、有名山岳よりも静かな山を好む登山者に愛読され、定期購読の割合が約40%になります。
本・雑誌内容詳細 大キレットの通過 冨永之廣
月山の迎え火 佐田 睦
三度目の荒沢岳 赤澤東洋
久恋の小金沢連嶺完全縦走! 藤野富美
甲斐駒の雄姿を見に 石橋 學
バラの段から大光山縦走 西原 強
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第18回]
「生きものたちの橋」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第14回]
「斎藤茂吉の故郷の山を巡る花旅」 福山孟治
………………………………………………………
随想
『山岳展望』異聞 髙辻謙輔
裂けた渓流足袋 海津正彦
令和元年の憂鬱、携帯電話と登山そして… 大蔵喜福
気楽な時間 菊地敏之
北の先生、南の先生 荒井正人
………………………………………………………
紀行
清水峠の散歩が野宿に 鷹觜勝之
大深沢周辺の沢をめぐる 斎藤秀樹
再会の山。吾妻にて 堀江信夫
俎倉山と志津倉山──巨木に出会う 松崎中正
思い出の山・至仏山 内田敏男
中知床岬 増田 宏
いちぺ~じ紀行
「天蓋山に行きました」 亀山定弘
………………………………………………………
遊山遊詠 [第8回]
「白狼」 正津 勉
………………………………………………………
戦時下の串田孫一 [第3回]
「戦争反対の側に立つ」 工藤 茂
………………………………………………………
静山紀行
角間山・鍋蓋山 後藤信雄
富士山精進道 多羽田啓子
茶臼山 檀上俊雄
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖108「富士山に登山鉄道?」 簑浦登美雄
心に映る山34「木のささやき」 中村好至惠
鳥の風景19「ソウシチョウ」 大津雅光
越後の山と森を歩く6「雪上伐採されたブナの奇木」 武田 宏
山の雑記帳40「小川山のクライミング」 沢野ひとし
山書探訪54「平成と山とケータイ」 長沢 洋
山の不思議と謎23「ナンダ・デヴィ峰 原子力スパイ装置紛失事件」 上村信太郎
知られざる山38「悲峠・蛭窪」 南川金一
山岳紀行クイズ94「ABK山地に同名の山が二山あるKK岳」 石井光造
読書三到78「鎌倉谷戸歩き」 亀田 博
………………………………………………………
ハガキだより
編集日誌
プロダクトNo 1281680341
出版社 白山書房
発売日 3,6,9,12月の16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。